池松壮亮が主演でドラマ化

島耕作がどちらかと言えばスマートなサラリーマンとして描かれているのに対して、こちらはかなり泥臭く描かれている気がする。すごくわがままで人間臭い主人公宮本の暑苦しい成長物語。成長しているのかちょっと疑問を感じるところもあるけれどw

バブル期といえばトレンディドラマ全盛、キラキラ華やかなラブストーリーラブストーリーだらけ。そんな時代の終焉直前に描かれはじめた作品。これがまさか今になってドラマ化されるとは。現代でどういう形で描くんだろう。

エレファントカシマシが主題歌。主人公の名前はボーカル宮本浩次から名付けられたらしい。これは作者嬉しいだろうなーw

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

store