付き合ってからのもだもだ感を堪能したい百合好き諸氏に

あ〜〜〜、いい百合です………………。
となりのヤングジャンプヤングジャンプで『空気人形と妹空気人形と妹』を描いてらした、たみふる先生が放った巨石は人から語彙力を奪い去るレベルの、大変美味なる百合でした。

女子大生同士でサクッと付き合う所までは行き、物語は付き合ってからの話が中心となります。百合に限らず普通の恋愛モノでも付き合う所がゴールという作品が非常に多い中で、異彩を放っています。しかしながら、その付き合いたての人間の葛藤やそれを取り巻く周囲の描写が非常に秀逸なのです。

純粋にヒロインたちがかわいいだけでない魅力を持っているのも良いですし、会話や演出のテンポ・緩急も絶妙で実に気持ちよく読めてしまいます。

結論がどうなるかではなく、純粋にただただ過程を至福の時間として楽しめる傑作です。

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー