ネタバレ今週のサターンリターン感想

「29.5年に一度、人は死ぬ」ということかもしれない。
先生の白い嘘先生の白い嘘』の鳥飼茜が描く、新たな生と死と性の物語。喪失し続ける加治理津子の人生とは。

【著者】鳥飼茜
【掲載誌】週刊ビッグコミックスピリッツ週刊ビッグコミックスピリッツ
【連載期間】2019年1月21日(月)発売 2019年8号〜

(週刊スピリッツ公式HP)

小学館の青年コミック誌5誌の公式サイト【ビッグコミックビッグコミックBROS.NET(ビッグコミックブロス)】の作品紹介ページです。ビッグコミック・ビッグコミックオリジナルビッグコミックオリジナルビッグコミックスペリオールビッグコミックスペリオール・ビッグコミック週刊スピリッツ・ビッグコミック月刊スピリッツの合同サイト【ビッグコミックBROS.NET(ビ...

「29.5年に...

1/2ページ
<< 最新
<
1/2ページ
>
最初 >>

ジャニーズやらジュノンボーイ系なんだな、編集くん

夫と子作りのことですれ違ってるのこっわ…どんな感情で欺いてんだよ

窓の下に真っ逆さまに落ちていきそうな危うさは主人公にもあるな。この物語はいつどうなってもおかしくない怖さがあるね

今週は休み

にしても先週号くっそ怖かった…
読んでるだけでこっちが消耗する呪いの書みたいな

もうホラーとして読んでる

史くんとの馴れ初め回。

当時東大卒の史くんは編集という仕事に悩んでて、一方元奥さんはハツラツと働いてた。

同じように仕事が上手く行ってないりつこと、異様に波長が合ってしまった感じか…

史くんは他人の絶望に積極的に関わりに行ってるところが何か気味悪い…

あとこの作品の舞台が2011年ごろの話だとして、りつこの原稿が手書きなのって不思議。
ただここの演出がやりたかっただけかな

浅野いにお(ダンナさん)が背景を手伝ってくれてるのかー! 鳥飼茜タッチに寄せてて流石プロって感じだ https://twitter.com/asano_inio/status/1125380443090501632

浅野いにお(ダンナさん)が背景を手伝ってくれてるのかー! 鳥飼茜タッチに寄せてて流石プロって感じだ https://twitter.com/asano_inio/status/1125380443090501632

@名無し

しかも早い

“これ2時間くらいで仕上げた夫、まじバビッた降参。角煮定食奢りました https://t.co/dfE9s49RgU”

アオイの妹が理津子を嫌ってるのは理解できる

そりゃ理津子からしたら「憎まれるほど面識もない」けど、「死んだ兄について小説を書いた元カノの女」って近づきたい存在ではないでしょ

店がアオイのことを隠してるのは…

・アオイを守るためにやっている
・存在をなかったことにしたいほどアオイから被害を受けた

どの線だろう。

なんとなくアオイも「男版・理津子」みたいな感じで周囲に不幸を呼び寄せてそうな気がする

アオイがホストって意外だった。
この先の展開がまったく読めないし、会社に2回も電話してきた男の存在も気になる……。

店がアオイのことを隠してるのは… ・アオイを守るためにやっている ・存在をなかったことにしたいほどアオイから被害を受けた どの線だろう。 なんとなくアオイも「男版・理津子」みたいな感じで周囲に不幸を呼び寄せてそうな気がする

店がアオイのことを隠してるのは… ・アオイを守るためにやっている ・存在をなかったことにしたいほどアオイから被害を受けた どの線だろう。 なんとなくアオイも「男版・理津子」みたいな感じで周囲に不幸を呼び寄せてそうな気がする

@名無し

史くんと不倫した理津子と同じく、アオイも人の女寝取ってたな…

ウーロン茶(水割り)
ビール(グラス)
鏡月(ボトル)→アオイは今年の4月までの半年間店にいた
シャンパン(¥50000)→ハヤトの客を寝取ったから辞めた

どうなる、小出の財布…!!

1/2ページ
<< 最新
<
1/2ページ
>
最初 >>
コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー