あらすじ

生きることの臨界点。自殺した“アオイ”の元カノを追って書けない小説家・加治理津子と担当編集の小出は、一触即発熱海旅行。そこで新たなアオイを知ることとなる。「死にたい人の 死にたい気持ちって どんぐらい寄り添えば 止められたんかな?」アオイに残された8人の女たちは彼の死に縛られて生きるのか。それとも…? 各所で話題の“暗くて重い、大人のミステリー”、待望の第3集。