ネタバレ
前作を読んでなくても楽しめる。読んでればもっと楽しめる(かもしれない)

一番下のコメントへ

1話は仁太視点で表紙の女の子、常世との別れまでを描き、2話からは常世視点で3年後を描く。可愛らしい表紙に反してなかなかの鬱展開で、再会後の仁太の豹変ぶりが追い打ちをかける。ただ、常世が仁太のことを信じているということもあるけど、1話が仁太視点で描かれていたからこそ、読者側も仁太を信じて読み進められる。
桐丘さな桐丘さなさんの前作「大正処女御伽話大正処女御伽話」は読んでなかったんだけど、1巻を読む限りではこちらから入っても問題ない感じ。ただ調べてみると「大正処女御伽話」のほうの登場人物がそのまま年齢を重ねた形で登場してるようなので、これを期にまとめ買いして読もうと思います。
1巻まで読了

コメントする
reread
また読みたい
フォロー