家族であるがゆえの薄ぼんやりとした壁

なんとなく分かりあえてない家族の話なのかな?
登場人物の生き方や趣味はそれぞれ興味深いが、そっちの掘り下げというよりは、家族であるがゆえの「分からなさ」と「踏み込みづらさ」とかがテーマという感じ。
現代の家族ってたしかにぼんやりとした、互いを見ないことで成立している側面も感じるし、面白いかもしれない。まだあんまりよくわからないので、今後に期待したい。

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー