こういう作品を読むと、漫画の可能性というものをひしひしと実感する。
もちろん現実的ではないテーマですが、そうであるからこそ本気で作り手は描くし、読み手にも軽い気持ちで読ませないリアリティを表現している漫画。

まだ結末まで読んでいないですが、最後までに何度泣かされるか…という感じです。

なごむ作品にコメントする
『セブンティウイザン』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ