死人が集まる“市”が舞台の短編集

マンガトリツカレ男

死んだ人がたどり着く「たそがれの市」を舞台にした11話の短編集
今年読んだ中でもトップクラスに面白いのだが、どういうふうに面白いかというには難しすぎる。

近藤ようこの作品との付き合いは中学生くらいからだけど、こちらの年齢が上がれば上がるほど、面白い
この前20年ぶりくらいに「ルームメイツ」を読んだけど、昔に読んだ時よりもずっと面白かった。

コメントする
投稿者名