ブラック企業の俺が女子高生になりました。

ブラック企業の俺が女子高生になりました。

「どうしてこうなった――――!?!?」いわゆるブラック企業勤務、20代後半のしがないサラリーマンの俺。過労で消耗しきったある日、イジメられていた魔法犬(?)を助けたお礼に願いを叶えてやると言われた俺は、今と対極の存在「女子高生」になることができた!!!! だが、容姿はおじさんのまま…。これじゃあ通報級の不審者になってしまう!? さらに女子校は想像していた楽園のような穏やかな暮らしとはほど遠い、まさに修羅の地!?!?  優雅さのカケラもない会話、香水と早弁とスルメの匂いが混ざった異臭、教室で堂々と直し始めるアイプチとカラコン、怒号の飛び交う購買戦争……そんななか何故か俺のことを好きな、王子力の高いかわいいヒロイン・真衣ちゃんだけが俺の癒し…あのクソ魔法犬は、元に戻せないと言うし、 俺のJKライフ、いったいどうなるんだ――!?!?
ただいま私を配信中。~モラハラ夫に復讐を~

ただいま私を配信中。~モラハラ夫に復讐を~

「私にも価値があるんだって、そう思えるの…!」――地味な主婦・晴恵(36)は、夫・真司(38)と結婚10年目。子宝にも恵まれた幸せ夫婦のように見えるのだが……実際は、モラハラ夫である真司に仕事を辞めさせられ、夜な夜な弄ばれるという、いっさい自由のない毎日を送っていた。そんなある時、晴恵は初めて手にしたスマホで【チャットレディ】という稼ぎ方があることを知る。顔出しNGの謎のチャットレディ《ナツ》として、きわどい配信をすることにハマっていく晴恵。夫に隠れて溜まっていく離婚資金…。しかしある日、息子の幼稚園で《ヒモさん》とあだ名される保護者・由貴彦に、《ナツ》であることがバレてしまい…!?
初恋処女は白銀獅子の熱を宿す

初恋処女は白銀獅子の熱を宿す

「お前のカラダ…どこもかしこも甘い味がする…っ」大学で動物学を学ぶ鈴(リン)には、夢があった。それは、幼いころに自分を助けてくれた白銀のライオンと再会すること。その願いは、サファリパークと大学の提携という偶然で叶えられることに。無邪気に喜ぶ鈴だったが、ライオンにはとんでもない秘密があった。「ら…ライオンが、喋ってる!?」どういうわけか、獣人の姿へと変貌したライオン。彼は『阿白(アシロ)』と名乗り、鈴へ激しい欲情をぶつけてきて…。牙がのぞく大きな口に、分厚い舌。ふさふさの毛に覆われた、たくましい腕。人ならざるモノに本能のまま犯されているのに、その熱がもっとほしくなっちゃって――!?
2度目の人生は淫魔(サキュバス)でした!?~幼馴染が異常に発情してとまりません~

2度目の人生は淫魔(サキュバス)でした!?~幼馴染が異常に発情してとまりません~

「こんないやらしい格好して…男を試すってのがどんなことか、教えてやらないとな」―― 死んだと思ったのに、どうして翔太君が私に発情してるの!?彩乃はこの春から新社会人。同い年の幼馴染・翔太のことが好きだったが、勇気が出せず告白できずにいた。そんなある日、通勤中に交通事故に遭ってしまう。片想いのまま終わっちゃうんだ…と死を覚悟した彩乃。だけど目覚めるといないはずの翔太が目の前にいて、体に羽根と尻尾が生えていた!(しかも角つき!) な、なんなの~! この恥ずかしすぎる格好は…!! わけがわからず混乱している彩乃に、翔太が羽根をくいっと引っ張ると、むわっとむせるような甘い香りが立ちのぼり、まるで性感帯を触られているような衝撃が彩乃を襲って――!?「すげ…気持ちいいと尻尾もビクビクするんだな」「身体中がとろけちゃうくらい熱くて…我慢できない!!」野獣のような激しい突き上げに、何度も何度もイかされちゃう!?
このおっぱいは部長の手にあまります。~今夜もたぷたぷ濃厚エッチ~

このおっぱいは部長の手にあまります。~今夜もたぷたぷ濃厚エッチ~

「綺麗なカラダですね。ココもこんなに膨らんで…」商社営業部の絶対的エースの座に君臨し続ける立花香(たちばな・かおる)は、実家の母から地元の同級生との見合い話を進められ、困り果てていた。望んでもいない巨乳体型のせいで周囲から好奇の目で見られ続けてきた香は、うつむきがちだった自分を変え、凛とした女性になるために仕事をバリバリ頑張ってきたのだが、気がつけば恋愛経験がほとんどないまま大人になってしまっていたのだ。地元の同級生との見合いにも全然乗り気になれない香は、ある日、取引先の部長・高月駿一郎(たかつき・しゅんいちろう)と知り合い、良い雰囲気のまま甘い一夜を過ごす。駿一郎との間に生まれた淡い想いをなんとか大切にしたいと思う香だが、恋愛初心者の彼女は空回りばかり。しかもその間に、実家での見合い話はどんどん先に進んでしまって――?
サレ妻の復讐~魔性の刺青~

サレ妻の復讐~魔性の刺青~

「私は夫に秘密を持ってしまった」――5年間、献身的に義母の介護を続けた香蓮。義母が亡くなり、先の見えない介護生活が終わった――その四十九日に夫の浮気を知る。「離婚はまだできない。せめて一周忌は終わってからでないと、古風で献身的な嫁の鑑を介護が終わった途端に捨てるとか外聞が悪すぎるだろ」そう笑いながら愛人と電話する夫は、介護疲れで老け込んだ香蓮を捨てて若く綺麗な女を選ぼうとしていた。自暴自棄になった香蓮は飛び降り自殺を図るが、とある男に止められる。その男は彫師を名乗り、その脇腹には「香蓮」の名前と同じ美しい蓮の花のタトゥーが彫られていた……。「旦那を地獄に堕としてやれよ…どうせ死ぬならその前に」その日、胸に彫った「秘密」が香蓮の運命を変えていく――。
呪われ姫は暴虐な騎士に娶られる~愛の印を奥深くに刻み付けて~

呪われ姫は暴虐な騎士に娶られる~愛の印を奥深くに刻み付けて~

「妻となったものは、何処にくちづけされても拒んではならない」クルヴァ王国、最後の姫君であるエア。月蝕の晩、血の色の髪をもって生まれた彼女は、《冥王の申し子》であるとみなされ、誕生してすぐ王宮の外に捨てられた。そして19年後。森で鷹と共に暮らしていたエアは、王国を「乗っ取った」と言うアルドルという男に、突然、婚姻を申し込まれる。本来、ただの騎士である彼は、クルヴァの王族を皆殺しにして成り上がった『暴虐帝』であった。アルドルは王国の正当な王となるため、王家の血を持つエアを求めたのだった。「私にはお前がただ殺すだけの王に思えない――お前の魔法も、とても美しかった」冷酷な人間と言われるアルドルであったが、想像していた『姫君』とは全く異なり、強さと無垢な心を持っているエアに、次第に惹かれていくことになり――。愛を知らない二人の、政略結婚から始まるファンタジー・ラブストーリー。
ブラック企業の俺が女子高生になりました。

ブラック企業の俺が女子高生になりました。

「どうしてこうなった――――!?!?」いわゆるブラック企業勤務、20代後半のしがないサラリーマンの俺。過労で消耗しきったある日、イジメられていた魔法犬(?)を助けたお礼に願いを叶えてやると言われた俺は、今と対極の存在「女子高生」になることができた!!!! だが、容姿はおじさんのまま…。これじゃあ通報級の不審者になってしまう!? さらに女子校は想像していた楽園のような穏やかな暮らしとはほど遠い、まさに修羅の地!?!?  優雅さのカケラもない会話、香水と早弁とスルメの匂いが混ざった異臭、教室で堂々と直し始めるアイプチとカラコン、怒号の飛び交う購買戦争……そんななか何故か俺のことを好きな、王子力の高いかわいいヒロイン・真衣ちゃんだけが俺の癒し…あのクソ魔法犬は、元に戻せないと言うし、 俺のJKライフ、いったいどうなるんだ――!?!?