愛玩先生!

愛玩先生!

石田透と根津勇刀はともに教師。ささいなことから透は、勇刀があまりにも敏感な体質であることに気がついて……。アナタに触れられるともう、体が疼いてとまらない……。すべてが過敏反応し、淫らに熱を求めてしまう……。
君恋ホスピタル~研修医の恋わずらい~

君恋ホスピタル~研修医の恋わずらい~

あこがれの先生と夜勤中に×××!? 医者の卵なんて言えば聞こえはいいけど、大学付属病院の研修医なんてただの下っ端。でも、そんな私が密かに憧れるのは凄腕ドクターの逢坂先生。ところが、当直明けに電車で出会ったイケメン官僚の小野さんに猛烈アプローチされてデートの約束をしてしまい…。どうしよう…わたし逢坂先生が好きなのに…。そんなとき、逢坂先生にも当直室でせまられて…!? 恋も仕事も大事にしたい。ちょっぴりオトナのラブストーリー。
春になったら【分冊版】

春になったら【分冊版】

真奈が働くお弁当屋さんにいつも買いにくる小野寺さん。彼は真奈が以前働いていた会社の本社勤務のひと。以前は交流がなかった小野寺とのささやかな会話を楽しみにしていたけれど、退職した原因を彼に知られてしまい…。※本作品はコミックス版「気づけば恋は」に収録されています。重複購入にご注意ください。
マイダーリン★マイティーチャー

マイダーリン★マイティーチャー

高校時代ないしょの恋人同士だった、なっちゃんと美来。卒業したし、あま~い時間を過ごしたい!と旅行に行くことに。ふたりきりでの初めての旅行にはしゃぐ美来とは裏腹に、なっちゃんの態度はいつも通りで…。私、なっちゃんの妹でも生徒でもないんだよ?もっと恋人らしいことしたいのに…!表題作ほかかわいくてきゅんとしちゃうお話を詰め込んだ作品集。
オーガニックまみれの母性

オーガニックまみれの母性

「この牛乳は低温殺菌のものではないですね?」添加物まみれの給食なんて我が子に食べさせられない。有機野菜にお米は玄米、卵はフリーレンジ…安全性の確認できない肉と魚なんて食べないわ!これだけ家族のために努力してるのに…なんでみんな解ってくれないの!?【オーガニックまみれの母性(原題:オーガニックの罠/著:原ゆきの)】。美魔女と呼ばれる私だけど、娘は夫そっくりのブス。それでも頭だけはいいみたいだから、有名中学に受験させることに。美しくて娘は優秀だなんて、私ってますます羨望の的!?【私ファーストな女~子供より私が優先ですがなにか?~(原題:私ファースト/著:上野すばる)】。10年ぶりに生まれた2人目の子。1人目と同じように育児をしてたけれど、「時代遅れの育児」と言われ…。母乳も抱っこも当たり前?日光浴は皮膚がんの元!?【育児の常識~ジェネレーションギャップ~(原題:ママの常識/著:椎名あや)】。その育児、本当に子供のため?超過保護(?)親に振り回される子供たち。やりすぎ育児オムニバス3選!
命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~

生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第一弾。派遣OLの森内は、数年前に死んでしまった母親の遠い親戚の死を警察から聞き、後処理に向かった。いつもビンボークジをひいてしまう自分に、なぜ私が…という思いを抱きながら…。後処理を委託した業者は、意外と若い、これといって特徴のない男性。顔も知らない親戚のために死の処理をしなければいけない矛盾に腹が立ち、その男性にも文句を言うが、淡々と仕事をこなすのを見て、逆に興味がわいた…。
マンガ 「獄中面会物語」

マンガ 「獄中面会物語」

全国各地の刑務所や拘置所で面会した殺人犯。本書では、個性が際立っていた「7人」について、面会と文通の記録をはじめとする膨大な取材データに基づき、実像をマンガで克明に描き出す。日本中の誰もが知っているような有名な殺人犯たちについて、実際に本人と会った者でしか知りえなかった実像と事件の深層、意外なエピソードの数々はとても興味深い。◆小泉毅(面会場所・東京拘置所) 元厚生事務次官宅連続襲撃事件(平成20年)――「愛犬の仇討ち」で3人殺傷◆植松聖(面会場所・横浜拘置支所) 相模原知的障害者施設殺傷事件(平成28年)――19人殺害は戦後最悪の記録◆高柳和也(面会場所・大阪拘置所) 兵庫2女性バラバラ殺害事件(平成17年)――警察の不手際も大問題に◆藤城康孝(面会場所・大阪拘置所) 加古川7人殺害事件(平成16年)――両隣の2家族を深夜に襲撃◆千葉祐太郎(面会場所・仙台拘置支所) 石巻3人殺傷事件(平成22年)――裁判員裁判で初めて少年に死刑判決◆筧千佐子(面会場所・京都拘置所) 関西連続青酸殺人事件(平成19~25年)――小説「後妻業」との酷似が話題に◆上田美由紀(面会場所・松江刑務所) 鳥取連続不審死事件(平成16~21年)――太った女の周辺で6男性が次々に……
ビター・シガー

ビター・シガー

仕事と家の往復。それだけが豊橋弥(とよはしわたる)26歳の日常。ある夜隣室のうめき声にかけつけると、住人の高槻(たかつき)が半泣きでうずくまっていた。原因は空腹。在宅仕事で集中すると食事も忘れてしまうのだという。見かねた豊橋はちょうど作りかけだった夕食をふるまうことに。簡単な手料理に大喜びの高槻に「毎日でも食べたい!」と言われ、週末ごとのごはん会を約束する。2匹の猫とふたりで囲むちいさな食卓は、豊橋の毎日を少しずつかえてゆく――。

人気クチコミ

もっとみる

最新クチコミ

もっとみる

Kindle Unlimited