東坡食譜

東坡食譜

時は11世紀、舞台は中国・北宋。宋代最高の詩人にして四大書家のひとりと謳われた蘇東坡(そとうば)は実は革命的な料理家でもあった。今もなお人々に愛される東坡肉(トンポーロー)をはじめ、あまりの美味さで政局さえも動かしたという彼の料理の数々を、軽妙洒脱に物語る! 新視点の歴史グルメ・ロマン! 特別エッセーも収録!!
マリー・アントワネットの料理人

マリー・アントワネットの料理人

王侯貴族が栄華を極めた18世紀のフランス。オーストリアからフランス王家に嫁いだマリー・アントワネット。激動の時代を生きた彼女は、現代の我々が食するフランス料理を生んだ人物でもあった。その陰には、お抱え料理人として東洋の小国・日本からやってきた一人のサムライがいた。彼の名は磯部小次郎――!! 歴史をも動かす彼の料理の腕前とは!?
狗ハンティング

狗ハンティング

未だかつて見たことのない、究極の超絶決戦勃発!! 暴走する人間科学が産んだ人類を越えた生命体:“狗(く)=ドッグ”。そして、その“狗”をハンティングする“念呪者(サイコシスト)”たち 人類を巻き込む真の生存をかけたサヴァイヴァルが、今始まる…
ビタミンガール!管理栄養士 真理ちゃん

ビタミンガール!管理栄養士 真理ちゃん

吉井総合病院で働く真理ちゃんはFカップが魅力の美人看護師にして患者さんのどんな希望にも応えるスゴ腕“管理栄養士”! メタボ気味のサラリーマンや美食におぼれる社長さん…様々な問題を抱える彼らの“心”まで癒す彼女の健康&絶品メニューとは!? セクシーコミックの巨匠・中西やすひろが挑むヘルシー&グルメコミック開幕!!
user_private
名無し
2020/08/21
蘇軾の人生と食
camera「東坡(とうば)って東坡肉(トンポーロー)のトンポーじゃん」と気になって読んでみた。宋の政治家・蘇東坡と聞いても全くピンとこなかったけど、書家の蘇軾のことだった。 東坡は革新的な新法党の王安石と対立する旧法党の人物で、新法党により自作の詩に難癖つけられて左遷されてしまうのだけど全くめげない。美味いものを食うことが生きがいで、地位の高い者からは卑しいと忌避される食材で上手い料理を考案し、貧しい民に活気をもたらしていく。 宋の時代は儒者たちにより肉に等級が定められ、豚は最下位に位置する卑しい食い物とされ、高貴な人々が食べるなどありえなかったという事実に驚いた。 豚をとろ火で煮込んだ東坡肉。 麦と小豆を炊いた二紅飯。 叩いた大根を煮て米と加えた粥。 どれも身近な食材で手軽に作れるうえ美味しそうでいい。 作中には東坡の詩や、歴史上の人物がたくさん出てきて読み応えがある。 一番マジかよと笑ったのが延州での西夏との戦い。 水場に毒を投げ込まれ万事休すの延州軍を、年老いた芸妓の婆が救うんだけどその方法がすごい。西夏の王妃・梁太后は芸妓あがりということを利用し、彼女が閨で得意とした手管を大声で叫んで西夏軍の兵士に聞かせる(笑) そして「これを聞いたお前たちを梁太后は生かしておくかな?」と脅す…とんでもねぇ婆だ。 これは沈括の「夢渓筆談」という随筆に書かれているエピソードなんだとか。すごい。 作画について、絵がギャグ漫画みたいにマヌケというか…ゆるいとこがあって、硬い内容とのミスマッチを起こしてる箇所がいくつかあって、そこは読んでて萎えてしまったのでちょっと残念。 とはいえ中国史や漢詩、食について勉強になる1冊でした。
東坡食譜

東坡食譜

時は11世紀、舞台は中国・北宋。宋代最高の詩人にして四大書家のひとりと謳われた蘇東坡(そとうば)は実は革命的な料理家でもあった。今もなお人々に愛される東坡肉(トンポーロー)をはじめ、あまりの美味さで政局さえも動かしたという彼の料理の数々を、軽妙洒脱に物語る! 新視点の歴史グルメ・ロマン! 特別エッセーも収録!!
マリー・アントワネットの料理人

マリー・アントワネットの料理人

王侯貴族が栄華を極めた18世紀のフランス。オーストリアからフランス王家に嫁いだマリー・アントワネット。激動の時代を生きた彼女は、現代の我々が食するフランス料理を生んだ人物でもあった。その陰には、お抱え料理人として東洋の小国・日本からやってきた一人のサムライがいた。彼の名は磯部小次郎――!! 歴史をも動かす彼の料理の腕前とは!?
だるま心療譚

だるま心療譚

仕事や人間関係に悩む人々、厳しい現実に立ち向かえない人々、そんな心身ともに病んだ人々を癒す「だるま鍼灸院」。摩訶不思議な世界のトビラをあなたも叩いてみませんか? 奇才・吉田ひろゆきが贈る全7編!!
地の子

地の子

西暦2007年夏、文部科学省入省5年目の夏目駿太郎は、突如首相より、3年以内に『農高卒の5割が就農する教育システム』を作り上げるよう命をうける。そして霞ヶ関から1,000km離れた山奥の農業高校に着任した夏目だったが、そこでプライドを持たない生徒達、農業の過酷な現実に直面し…。
icon_book
試し読み

人気クチコミ

user_private
名無し
2020/08/21
蘇軾の人生と食
camera「東坡(とうば)って東坡肉(トンポーロー)のトンポーじゃん」と気になって読んでみた。宋の政治家・蘇東坡と聞いても全くピンとこなかったけど、書家の蘇軾のことだった。 東坡は革新的な新法党の王安石と対立する旧法党の人物で、新法党により自作の詩に難癖つけられて左遷されてしまうのだけど全くめげない。美味いものを食うことが生きがいで、地位の高い者からは卑しいと忌避される食材で上手い料理を考案し、貧しい民に活気をもたらしていく。 宋の時代は儒者たちにより肉に等級が定められ、豚は最下位に位置する卑しい食い物とされ、高貴な人々が食べるなどありえなかったという事実に驚いた。 豚をとろ火で煮込んだ東坡肉。 麦と小豆を炊いた二紅飯。 叩いた大根を煮て米と加えた粥。 どれも身近な食材で手軽に作れるうえ美味しそうでいい。 作中には東坡の詩や、歴史上の人物がたくさん出てきて読み応えがある。 一番マジかよと笑ったのが延州での西夏との戦い。 水場に毒を投げ込まれ万事休すの延州軍を、年老いた芸妓の婆が救うんだけどその方法がすごい。西夏の王妃・梁太后は芸妓あがりということを利用し、彼女が閨で得意とした手管を大声で叫んで西夏軍の兵士に聞かせる(笑) そして「これを聞いたお前たちを梁太后は生かしておくかな?」と脅す…とんでもねぇ婆だ。 これは沈括の「夢渓筆談」という随筆に書かれているエピソードなんだとか。すごい。 作画について、絵がギャグ漫画みたいにマヌケというか…ゆるいとこがあって、硬い内容とのミスマッチを起こしてる箇所がいくつかあって、そこは読んでて萎えてしまったのでちょっと残念。 とはいえ中国史や漢詩、食について勉強になる1冊でした。
もっとみる