構想・設定
本物のサービスとは何か、サービスの極意とは何か。様々なプロフェッショナルを追ったノンフィクション「サービスの達人たち(著:野地 秩嘉)」を原案としてマンガ化! 原案では個々に描かれているノンフィクションを漫画家こしのりょうとマンガデザイナーズラボの手によって1本のストーリーが加えられ、新たなアプローチでサービス・プロフェッショルたちの、サービスの真髄に迫ります!

ネタバレ感想やご意見はこちらへどうぞ!

ゲンバ担当 森
staff

面白いですね。恥ずかしながら原作も知らなかったのですが、「サービス」というのは誰しもが受けているものですし、いくらでも広がりそうな題材ですよね。
続きがとても気になります。

ゲンバ担当 森
staff

面白いですね。恥ずかしながら原作も知らなかったのですが、「サービス」というのは誰しもが受けているものですし、いくらでも広がりそうな題材ですよね。 続きがとても気になります。

@やむちゃ

ありがとうございます!非常にうれしいです。これから皆さまにも感動したサービスなど、作品のアイディアになるような体験について色々伺っていければと思っております。

面白かったです!
一気に読みました。
続きが楽しみです。

〜個人的な感想(好き嫌い問題もあると思います〜
冒頭、はじめの女子高生と話をするまでの4pくらい?は、ストレートにいうと「これ読んでおもしろいのかな?」って感じながら我慢して読みました。

女子高生と出会ってから急速にひきこまれました。

あと女子高生のスマホの画面が割れているのが気になって、なにを伝える絵なのか、想像がばらけてしまった印象もありました。
〜〜

それ以外はとても気持ちよく読めました!
読めてたのしいです。
ありがとうございます。

名無し(33)

すごく引き込まれました!続きが見たい!
というのが率直な感想です。

サービスの極みはこのマンガに出てくるホテルマンやウェイターさんなのでしょうね。

人が関わる事で不快になるお店(この女子高生のラーメン店が典型)が世の中に多過ぎると感じておりますので、世に広まって欲しいとも考えてしまいました(笑)

今の時代、インフルエンサーの口コミで突然に客がこなくなることってありえるんだろうな。怖い時代だよね

ゲンバ担当 森
staff

面白かったです! 一気に読みました。 続きが楽しみです。 〜個人的な感想(好き嫌い問題もあると思います〜 冒頭、はじめの女子高生と話をするまでの4pくらい?は、ストレートにいうと「これ読んでおもしろいのかな?」って感じながら我慢して読みました。 女子高生と出会ってから急速にひきこまれました。 あと女子高生のスマホの画面が割れているのが気になって、なにを伝える絵なのか、想像がばらけてしまった印象もありました。 〜〜 それ以外はとても気持ちよく読めました! 読めてたのしいです。 ありがとうございます。

@くろだい

率直なご感想ありがとうございます!

冒頭については制作中も色々相談しつつ皆で悩んでいましたが、最終的に女子高生の女の子が登場してからが勝負!という感じで進めていましたので、そう思っていただけて嬉しいです。

スマホの画面は作中でもあるとおり、「よく、画面が割れっぱなしの学生を近年よく見かけるよね」といった打ち合わせ時の会話からはじまり、父親のお店が上手くいっていないせいもあって苦労している感じの表現といった意味であのようになりました。

今後も気持ちよく読める作品となるよう頑張っていきますので次の更新の際もぜひ読んでみてくださいね。

ゲンバ担当 森
staff

すごく引き込まれました!続きが見たい! というのが率直な感想です。 サービスの極みはこのマンガに出てくるホテルマンやウェイターさんなのでしょうね。 人が関わる事で不快になるお店(この女子高生のラーメン店が典型)が世の中に多過ぎると感じておりますので、世に広まって欲しいとも考えてしまいました(笑)

@名無し(33)

原案でも描かれていますが、超一流のホテルマン、ウェイターさんなどのサービスは本当に凄いです。そういった優れたサービスについて、この作品でどんどん描いていく予定です。

少しでも世の中に広まって、サービスについて考えてもらえるきっかけになると嬉しいですね。

ゲンバ担当 森
staff

今の時代、インフルエンサーの口コミで突然に客がこなくなることってありえるんだろうな。怖い時代だよね

@名無し

ポジティブなものも、ネガティブなものも、クチコミの威力は凄まじいですよね……。

そんなクチコミの影響で苦境に立たされている女子高生の父親のラーメン店、今後どうなっていくのか、よろしければご期待ください!

あっ、さきほどコメントしたものなのですが
「女性はすぐ女性差別、不均衡を訴えてきて怖い」と思われて自粛されるのが一番怖いので…
男性が想定読者が設定されているならばそれはそれでよいので、そこに向けて先鋭してもらえればと思います。
出版社が最近よくやるなぞの検閲とか撤回が一番見ていて混乱します。
表現萎縮はさせないでください。応援してます。

ゲンバ担当 森
staff

あっ、さきほどコメントしたものなのですが 「女性はすぐ女性差別、不均衡を訴えてきて怖い」と思われて自粛されるのが一番怖いので… 男性が想定読者が設定されているならばそれはそれでよいので、そこに向けて先鋭してもらえればと思います。 出版社が最近よくやるなぞの検閲とか撤回が一番見ていて混乱します。 表現萎縮はさせないでください。応援してます。

@名無し

貴重なご意見ありがとうございます! いただいた内容とても参考になります。 2話目以降は女子高生のカンナは、サービス紳士から何かを学び取ろうと頑張っていきますのでご期待ください。 ご配慮もありがとうございます! 差別やモラルに反することへの留意はもちろん必要ですが、表現を自粛するようなことは基本的にございません。より良い作品となるよう引き続き制作を続けてまいります!

@ゲンバ担当 森
ゲンバ担当 森
staff

一話はもう清書されていて差し戻せないかと思うのですが… 「女子高生描きたい」ことによって それによって物語の意味に重大なノイズが入っていないか?ということを 確認してみてはいかがでしょうか。 (このままだと権威ある男性による未成年女子の搾取に見えてしまいかねない)。 ・サービス紳士は、 「サービスはタダではない」ことを、地位の低い労働者自身に突然説教している ・お金のないラーメン店に生まれてしまった生い立ちは、  女子高生にはどうしようもないことで  サービス紳士は、女子高生を働かせている店主(カンナの父親)に説教をしないと  漫画として意味が通じなくなってしまう ・あるいはカンナ自身がすでに起業しているラーメン屋の店主(経営者)になるか。 ・ただの「経営者による労働(サービス)搾取」という現行の労働問題の温存 であるかのように、1話の演出が悪い方に機能しています。 二話以降は労働搾取に見えないように軌道修正してはいかがでしょうか。 (でも・・・読者層がどこに想定されているかによります、  50代男性向けならこれでぜんぜん良いので、すみません。  でも男女かかわらず、若者に読ませるものを想定しているとしたら、このあたりを再考してみてください)

@名無し

おっしゃる通り、想定読者は比較的年齢層高めの男性を意識しておりますが、世代や性別を問わず沢山の方に楽しんでいただきたいと思って制作しております。

原作はサービスのプロを取材したオムニバス形式のドキュメンタリーなので、毎回主役が変わります。そこをマンガ化するにあたり、登場人物を固定して色んなサービスを体験していく形に改変してあります。連載で回を重ねるうちにキャラクターに愛着を持ってもらう狙いがあってのことなのですが、ご指摘の通り、逆にノイズになってしまっている部分もあるかと思います。

単に「無知な女子高生に教養豊かで偉いおじさまがサービスの何たるかを教えてあげる」的な形式になるのは私としても本意ではありません。セリフ回しや二人の関係性など、よくよく議論しつつ進めていきます。引き続きよろしくお願い致します。

コメントする
投稿者名
作家情報
漫画家です。 連載中の作品は週刊現代に「銀行渉外担当 竹中治夫」 「HANA♪うた」とか。
マンガデザイナーズラボとはマンガデザイン®という、マンガとグラフィックデザインを組み合わせた日本初の表現手法を使い企画・制作を行うクリエイティブ集団です!
人物ルポルタージュ、ビジネス、食、芸術、海外文化など幅広い分野で執筆。著書は『トヨタ物語』(日経BP社)、『ヤンキー社長』(日経BP社)、『キャンティ物語』(幻冬舎)、『サービスの達人たち』(新潮社)、『ビートルズを呼んだ男』(小学館)、『高倉健インタヴューズ:日本で唯一の貴重なインタヴュー集』(小学館)、など多数。 『TOKYOオリンピック物語』でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。