一番下のコメントへ

wikiやらamazonのレビュー欄見て知ったんだけど、ハイキュー!!の連載前に描かれた読切って2つあって最初の方は「日向が高身長」らしくてスゲー読んでみたい

ジャンプネクスト 2011年 WINTER
週刊少年ジャンプ 2011年20・21合併号(「ハイキュー!! コンプリートガイドブック 排球本!」に収録)

今年も熱かった「ハイキュー!!」の試合! ネタバレしないために対戦チームの名前は...

僕のヒーローアカデミア は逢魔ヶ刻動物園の5巻に収録されてる僕のヒーローという作品がもとになってる

僕のヒーローアカデミア は逢魔ヶ刻動物園の5巻に収録されてる僕のヒーローという作品がもとになってる

@本のO兄さん

逢魔ヶ刻動物園は断然読切の方が好きだったなぁ
連載と読切で設定が変わるってのを知ったのはこれでだったわ

懐かしくなってググったら当時のブログ見つけた。いい話

少年ジャンプ<逢魔ケ刻動物園> 堀越耕平先生 長男の友人(若干23歳)がメジャー誌でデビュー!すご〜い^^* 読み切りではありますが・・・ ...

『からくりの君』

からくりサーカス』の前に書かれたからくり人形がテーマの短編。『夜の歌』に入ってます。
飛び「加藤」とかナルミっぽいネタもあったり、箱から人形が飛び出してくるところとか読み比べると面白いと思う。最初は和風だったんだなーとか。

OVAもめちゃくちゃよくて、確か画集にDVDが付属してたはず…。

最近の読んだ読切版で一番衝撃的だったのがハイパーインフレーション

・作画が結構かっちりしてて等身高め(諸星大二郎っぽい)
・コンセプトは一緒だけど全体的にすごく真面目
・ハイレグフンドシ履いてない

連載に向けて絵をより少年漫画ぽくデフォルメするのはともかく、ショタの露出とギャグを強化ってチューニングが天才的すぎる

▽読切版

▽連載版 第1話

あさりちゃんのプロトタイプ「トマトちゃん」と「ハッピータンポポ」

作者いわく”失敗作”とのこと。ギャグができてない・作画コストがかかりすぎたのが原因だそうだが、ギャグは勢いがあって表情の形も既に出来上がっているように見えた。あさりちゃんとの違いはそこまで感じなかったけど、あとちょっと何かが足りなかったということか。ちなみに、小学二年生増刊号「あさりちゃん祭り」の古本を買えば読めます。

あさりちゃんのプロトタイプ「トマトちゃん」と「ハッピータンポポ」 作者いわく”失敗作”とのこと。ギャグができてない・作画コストがかかりすぎたのが原因だそうだが、ギャグは勢いがあって表情の形も既に出来上がっているように見えた。あさりちゃんとの違いはそこまで感じなかったけど、あとちょっと何かが足りなかったということか。ちなみに、小学二年生増刊号「あさりちゃん祭り」の古本を買えば読めます。
camera

あさりちゃんのプロトタイプ「トマトちゃん」と「ハッピータンポポ」 作者いわく”失敗作”とのこと。ギャグができてない・作画コストがかかりすぎたのが原因だそうだが、ギャグは勢いがあって表情の形も既に出来上がっているように見えた。あさりちゃんとの違いはそこまで感じなかったけど、あとちょっと何かが足りなかったということか。ちなみに、小学二年生増刊号「あさりちゃん祭り」の古本を買えば読めます。

あさりちゃんの...
@名無し

あさりちゃんがトマトちゃんだったのは初めて知りました!すごい…!

トマトとサラダに比べてカケスだけ名前浮いてるのが気になる…:joy:

コメントする