:fr:第2回小西財団漫画翻訳賞ノミネート作品リスト:jp:

user_private
ジャン=ピエール・ポルナレフ

ノミネート10作品を一気に試し読みするために作りました。

:arrow_down:試し読み:arrow_down:
https://manba.co.jp/free_spaces/16206/related_boards

《賞について》
【対象】 2017年10月~2018年9月の間(当概年の9月30日まで)に出版された、日本語からフランス語に翻訳された漫画

【目的】「翻訳者」は、まさに文化間の懸け橋として非常に重要な役割を担っており、フランスにおける日本漫画の躍進も、翻訳者の情熱とプロ意識の賜物です。当財団では、翻訳者の責務の重要性に注目し、その緻密な努力に報いるべく、2017年1月に小西財団漫画翻訳賞を設立しました。

(「小西国際交流財団」HPより)

小西国際交流財団です。

ノミネート10...

user_private
ジャン=ピエール・ポルナレフ
user_private
ジャン=ピエール・ポルナレフ

《補足》
佐々木マキ『うみべのまち 佐々木マキのマンガ1967-81』

【概要】 1960年代に「ガロ」で鮮烈なデビューを果たし、マンガ表現に革命的な転換をもたらした伝説のマンガ家・佐々木マキ。イラストレーター・絵本作家として...佐々木マキが描くコミック(漫画)『うみべのまち 佐々木マキのマンガ1967-81』作品案内。/ISBN:9784778321437、...

おフランス語へのマンガの翻訳についてのマンバ通信記事

日本のマンガをこよなく愛する国、フランス。今回ライターの高岡謙太郎さんが友人でありフランス人翻訳家のオレリアン・スタジェさんにマンガ翻訳作業について、みっっちりインタビューしてくれました。

コメントする

この話題をフォローしているユーザー

store