ムラサキ 1巻
震えろ、魂。言葉で表現できなくなった時、ダンスが始まる。創作ダンス部設立に向けて奮闘する女子高生・一条紫。だが未だに部員は一人も集まらない。ある日、校内の美少女・菫ソラを、踊りながらストーキングする男・翡翠翔之助を発見! 「色々ヤバいけど、こいつのダンスは本物だわ」彼のダンスに一瞬で目を奪われたムラサキは、変態イケメンダンサー捕獲作戦を始動する――!! 意識の破壊と覚醒!! 美しく疾走する、高熱量物語!!
ムラサキ 2巻
理屈とか理論の知らないことを、私の体は知っている――。もっと先があるなら、きみと、あなたと、一緒に踊りたい。【次にくるマンガ大賞 2018 Webマンガ部門入賞】宝島社「このマンガがすごい!2019」雑誌編集部が選ぶこのマンガがすごい!オトコ編 第1位(ar編集部) ダンスをこよなく愛する一条紫と、白熱したダンスバトルの末、翡翠翔之助は一ヶ月の謹慎処分を余儀なくされる。思うように活動できないムラサキだったが、とめどなく沸きあがる、踊りたい衝動を抑えられずにいた。「翔之助くんのダンスを観てから、身体が落ち着かなくなってる」それは、彼女の“ある記憶”をも遡り、自分自身と対話する事になる…。わたしと世界、全ては繋がっている。表現という向こう側へ挑戦する、大いなる実験記録!! そうだ、あの時決めたんだ。人生をダンスするって。私はダンサーなんだ――。
ムラサキ 3巻
私たちは爆発した星の欠片で、できている。流れ星から生まれたなら流れ星みたいに生きていきたい。新たに理解しあえるダンス部の仲間を見つけた一条紫。ひとりで走っていた道を、今は3人で走ってる――。嬉しさも束の間、次に彼女の前に立ちはだかる壁は学校の生徒会。文化祭で踊れないかもしれない…そんな危機を乗り越える為、心から紫を拒絶する会長・胡桃沢真凜 率いる生徒会へ真剣勝負を挑むのだった。