reread
また読みたい
フォロー
幻の名作漫画をデジタル復刻する第一弾! 名作ドキュメント漫画『涙の極点』厳冬に襲われる南極圏。いまだ南極点に到達することがなかった日本。ついに、1968年(昭和43年)12月19日、村山雅美隊長率いる第9次越冬隊が日本人として初めて南極点に到達した。昭和基地を出発してから、数々の難関、問題がふりかかる道程をコミカライズした名作ドキュメント漫画。著者は「ウルトラマン」「スペクトルマン」や「黒い秘密兵器」「電人アロー」など数多くのヒット作を持つ一峰大二。
幻の名作漫画をデジタル復刻する第二弾! 名作熱血感動漫画『熱血のうなばら』日本では「勇魚取(いさなとり)」や「鯨突(くじらつき)」と呼ばれ、古くから捕鯨が行われてきており、捕鯨が日本の伝統文化に基づくもので、日本の漁師は何百年にもわたってクジラを捕獲してきた。日本人は永い年月をかけ、鯨体を無駄なく利用する技術と料理法を編み出し、誇るべき食文化として培っきた。近代では捕鯨砲を装備した動力式捕鯨船による捕鯨が行われていた。捕鯨砲といっても巨大な鯨を捕獲するのは命がけ。ひとつ間違えれば、自分たちの命も危ぶまれる危険な“漁”なのである。新たに砲手となった若者とついに引退を決意したベテラン砲手との感動のストーリー。著者は「ウルトラマン」「スペクトルマン」や「黒い秘密兵器」「電人アロー」など数多くのヒット作を持つ一峰大二。
幻の名作漫画をデジタル復刻する第三弾! 名作感動漫画『なかまたちの炎』石炭または亜炭を掘り出す炭鉱は、明治時期から昭和40年代まで、日本のエネルギーの基幹産業として日本経済を支える重要な産業だった。石炭の採掘は、坑道を深く深く掘り下げて行われる。そのため常に身の危険、死が身近にあった。そのためともに炭鉱に生きる人びとは、共同体という強い絆を持っていた。その意識の絆から炭鉱社会独特の『人情』や『情愛』が生まれるのだ…。炭鉱で起きた崩落事故。それに巻き込まれた新人とベテラン炭鉱夫。そして彼らを救おうとするなかまたちの感動のストーリー。本作には、日本人が今こそ再認識しなければならないものが隠されている――。著者は「ウルトラマン」「スペクトルマン」や「黒い秘密兵器」「電人アロー」など数多くのヒット作を持つ一峰大二。
幻の名作漫画をデジタル復刻する第四弾! 希少ホラー漫画『西からのぼる太陽』著者は「ウルトラマン」「スペクトルマン」や「黒い秘密兵器」「電人アロー」などの特撮系ヒーロー作品のコミカライズを数多く手がけている一峰大二。本作『西からのぼる太陽』は1974年に発行された「冒険王」お正月特大号に掲載された一峰大二作品の中で希少なホラー漫画のひとつ。衝撃的な内容から熱狂的なファンが多く、復刻を熱望するその声にこたえデジタルリマスター版として電子復刻を果たした。その衝撃的な内容はとある土曜日の放課後。ウサギの小屋づくりで遅くなった主人公の英樹。帰宅中にお父さんとであい一緒に帰ることとなった。お父さんに肩車をしてもらっていると、大きな夕日にひとつの流れ星が見えた。以後、英樹の周りでは不思議なことが起こる――。