icon_reread
また読みたい
フォロー
BABEL(1)
あの「八犬伝」を石川優吾が大胆に描く! あの歴史的伝奇小説「八犬伝」を石川優吾が大胆にアレンジ! 新しく、怪しく、艶やかに紡がれる新感覚時代絵巻! 里見家の伏姫と神の狗・八房の因縁により導かれし八人の若者たち。壮大なスケールで描かれる運命の物語に刮目せよ!
BABEL(2)
石川優吾が放つ新たなる八犬伝!! あの歴史的伝奇小説「八犬伝」を石川優吾が大胆にアレンジ! 里見義実が統治する里見領は、妖しい力を操る山下軍の前に風前の灯火だった。その危機を脱するため、里見の伏姫は神の狗・八房と血の契約を結ぶが…
BABEL(3)
石川優吾流、新八犬伝! 光と闇の闘い! あの歴史的伝奇小説「八犬伝」を石川優吾が大胆にアレンジ! 里見家を守るため、伏姫は神の狗・八房と血の契約を結ぶ。その伏姫と不思議な縁を持つ犬塚信乃は、伏姫のため、怪しい力を持つ妖婦・玉梓と戦うことになる。強大な力になす術もない信乃。そんな時、光に包まれた宝珠の力が信乃に宿り、玉梓を退ける。そして宝珠の導きにより戦いの旅に出た信乃は、その旅先である男と出会う…
BABEL(4)
雄々しく蘇る“南総里見八犬伝”!! 運命に導かれし犬士達が覚醒する、大戦国絵巻――― 宝珠にうながされ戦いの旅に出た犬塚信乃は、室町幕府関東管領・扇谷が統べる城で、様々な者をむりやり闘技城で戦わせて見せ物にする修羅場へとひきたてられる。そして里見の地で退けたはずの妖婦・玉梓(たまずさ)、剛の者・犬飼源八と相まみえることに。心優しい源八は、光のもとに復し、信乃は共に、玉梓・扇谷へ立ち向かうが…
BABEL(5)
光る宝珠と共に犬士は“魔”に立ち向かう! 運命に導かれし犬士達が覚醒する、大戦国絵巻――― 薩摩・島津家の家臣・犬田家、その下男・小文吾は相撲が得意な気の優しい男。自らの心に語りかけてきた不思議な犬を助けたのが元で、島津から追われ屋久島に流れ着き、島民に助けられる。島民は実は隠れキリシタン、小文吾の他にも、西欧から流れ着いた“宣教師”、そして琉球から逃れてきた王女をも匿っていた。そんな穏やかな島民と、美しい島に、島津の追っ手が迫る…
BABEL(6)
暗き巨魁、闇より出づる! 比叡山から遣わされた犬塚信乃と左母二郎。南の地・薩摩に着くもそこは火の山からの灰の降る不気味な地。捕まってしまった二人は、牢中で多くの男たちと、繋がれた大男・小文吾と出会う。翌日、牢から出された囚われの皆々。なぜか城下町で縄をとかれ、「ひえもんとり」と呼ばれる捕物で“追われる身”にさせられる。城からは西洋の鎧に包まれた男が見下ろして…