あらすじ

“死”が男達にもたらしたものは。“死神”と恐れられたナツは、友の腕の中、幼い頃の夢を語りながら死んでいった……。闘いの後には、深い悲しみだけが残された。純は、ナツとの約束を果たすため、アメリカ行きを決意する。一方、英吉は「もう、ケンカはやめる」と龍二に告げる。その真意は!?