icon_reread
また読みたい
フォロー
わたしの先生~大正アドレセンス~(1)
時は大正。女学生の高屋雪枝は容姿端麗・スポーツ万能で他の女生徒たちの憧れの存在。ところがふとしたきっかけで冷徹な英語教師・大森に思いを寄せるようになる。親が決めた許嫁の存在、良家の子女としてのあるべき姿、そして教師と生徒という禁断の関係。雪枝の初恋は純粋で、しかしあまりにも切なく苦しい危険なものだった――。
わたしの先生~大正アドレセンス~(2)
時は大正。浪漫の花開く時代。高屋雪枝は道ならぬ恋に身を焦がす女学生。恋した相手は冷徹で厳格な英語教師・大森だった。ある日、雪枝は大森との逢瀬を下級生の雅子に目撃されてしまう。雅子は雪枝と「エス」の関係を結びたいが為に雪枝と大森を引き裂こうと画策するが…。さらに雪枝の前に許嫁と名乗る男が現れる。初めて会う親が決めた許嫁。その男の正体は思いがけない人物で…!?
わたしの先生~大正アドレセンス~(3)
高屋雪枝は来いに身を焦がす女学生。恋しい人は女学校の教師、しかも許嫁の兄…。結婚話が進む中、雪枝は修学旅行へと向かう。最後の思い出として大森に気持ちをぶつける雪枝。すると大森の口からは思いがけない「過去」が語られる。卒業を目前とした雪枝の前に立ちはだかる数々の障害。親同士が決めた婚約を反故にすることはできるのか? 雪枝と大森の恋のゆくえは…? 心が震えるグランドフィナーレ!