icon_reread
また読みたい
フォロー
カラスのいとし京都めし(1)
ところは京都、烏寺(からすでら)。昔喋るカラスがいたというこの寺に、これまたずいぶん長生きのカラスが一羽おりました。食に焦がれてこのカラス、とうとう人の世界まで降りてきてしまったのです。「はらへりあらたの京都めし」の著者、魚田南がおおくりする、新シリーズ第1巻! 京都めしに恋焦がれて、人間になった年齢不詳・京都在住のカラスが食べ歩く美味20軒! お品書きは全16話。うなぎのお茶漬け、親子丼、カレー、ナポリタン、サンドイッチに、さくら餅! まだあるお品は本編で。カラスにハトに、ちょい枯れ坊主まで、イケメンたちが食べ尽くすリアル京都めしを、どうぞご一緒に召し上がれ。巻末には、カラスたちの足跡がたどれる、「いとし京都めしざっくりMAP」を収録! そして電子版限定! あのキャラの書き下ろしイラストも!!
カラスのいとし京都めし(2)
ところは京都、烏寺。誰が言ったか伝えたか、喋るカラスがいたという不思議な話の残るこの寺に、これまたずいぶん長生きのカラスが一羽おりました。好奇心旺盛、あまりに長く生きているこのカラス――。食への興味は烏以上、暇も知識も持て余しておりました。そしてついには人間へ興味を持つようになったのです。いつしかあだ名は「変わり者」。人の世界まで降りてきてしまったのでした。烏寺に住む今井家に居候しつつバイトをこなし、人間界のうまいもんをいただく日々のカラス。そんな時、今井家団欒でうっかりご法度のお酒をいただいてしまい、正体バレのピンチ…! 今回もハイテンションに京都めし17軒! 巻末には、カラスたちの足跡がたどれる、「いとし京都めし2も~っと!ざっくりMAP」を収録。
カラスのいとし京都めし(3)
カラスが2羽? 姿を人に変えて相変わらず食べまくるカラスとハト。同居人のかすみには正体がバレてしまいつつも穏やかに過ごす日々。そこへ不穏な空気とともにもう一羽のカラスの存在が…? 厳選京都めし13軒! MAP&詳細情報つき。天むす、肉洋食、唐揚げ、鯖寿司 etc.ハイパーカロリー揃ってます★
カラスのいとし京都めし(4)
ところは京都、烏寺(からすでら)。好奇心と食欲がずいぶん旺盛な一羽のカラスは、人の世界に降りてきてあっちで食べこっちで食べ…… しまいには烏寺の今井家で居候の身に。ここのところたかひこやカラス近づいていた不審な人物は死に別れたと思っていたカラスの弟とその身内の仕業だったことが明らかに。悪気に憑りつかれた弟を排除するため稲荷(キツネ)たちはかすみを利用しようと襲いかかり、弟の逆鱗に触れてしまう?? 食いしん坊カラス達の京都美食譚、これにて堂々完結!