reread
また読みたい
フォロー
パワフルで巨漢な熱血教師・大松巨人(だいまつ・きょじん)が、生徒達のために命を張って奮闘する学園アクション。巨大なバイクを駆って私立陸王中学校へやってきた大柄な新任教師・大松巨人は、汗を流そうとシャワー室に入るが、そこは女子専用であり痴漢と間違われてしまう。そして2年C組の担任となった大松は、先ほどの痴漢騒動により生徒全員から反感を持たれてしまうのだが……!?
生徒達から慕われるようになった2年C組担任・大松巨人(だいまつ・きょじん)は、クラスの皆が心をこめて作った石像が何者かに破壊されて怒りに燃える。その後、タバコを注意する教師に挑発的な態度を取ったり、火災報知器を押して消防車を呼んだりするなど不良グループが調子づいているのは、少年院にいた日影侠次(ひかげ・きょうじ)が学校へ戻ってくるからだと知らされた大松は……!?
学園を襲撃してきた暴走族を、日影侠次(ひかげ・きょうじ)とともに一掃した大松巨人(だいまつ・きょじん)。その後、大松が一週間の北海道研修へ行っている間に、いきなり教育改革センター“ERC”の鬼更木(きさらぎ)が学園に乗り込んできて、一方的な学園改革を宣言する。そして組織暴力による学園支配を進めていくERCは、反抗的な侠次に目をつけて……!?
ERC総本部に連行された日影侠次(ひかげ・きょうじ)の救出に向かった大松巨人(だいまつ・きょじん)は、ERCの検問所を強行突破して警備隊に追われる。同じ頃、監房に収容されていた侠次は、同じ監房の不良達をすべて叩きのめして脱走する。一方、侠次の恋人・竜子(りゅうこ)とサクラは、学園に来たERCの車のトランクに潜んでERC総本部へと向かうのだが……!?
ERCの恐ろしい陰謀を知った日影侠次(ひかげ・きょうじ)は、原生林でERCの刺客“スネーク”に襲われて窮地に陥った時、大松巨人(だいまつ・きょじん)に救われる。その後、侠次と語り合った大松は、彼の憎しみの根源が父親だと知るが、それを知られて動揺した侠次がその場を去っていく。そんな時、スネークに再び襲われた大松は、首に猛毒の針を刺されてしまい……!?生徒達を守り抜く大松の姿に感動する完結巻。