reread
また読みたい
フォロー
全人類を巻き込んだ大きな戦争があった世界。人は戦争のために、体から剣を具現化して戦う「サヤビト」と呼ばれる人造人間を生み出していた。サヤビトは「主人(アド)」と契約し、主人の命令によってのみ剣を取り出し戦える存在だ。大戦終結後「黒の守護神(プレティトーレ)」という組織が、戦う場を失ったサヤビトを管理していた。この組織所属のクイファとリヴィア。彼らは未登録のサヤビトを探し出す旅を続けていた――。
大戦終結後「黒の守護神(プレティトーレ)」という組織が、戦う場を失ったサヤビトを管理していた。この組織所属のクイファとリヴィア。彼らは未登録のサヤビトを探し出すため、世界各地を旅していた。保護対象のサヤビトは、様々な形で各地に散らばっていたのだ。死んだ娘の代わりに側に置かれる者もいた。それは、違法に保存されていた未起動のサヤビトだったのだが、主人の愛情がサヤビトの心を動かしていた。そして――。
大戦終結後「黒の守護神(プレティトーレ)」という組織が、戦う場を失ったサヤビトを管理していた。この組織所属のクイファとリヴィア。彼らは未登録のサヤビトを探し出すため、世界各地を旅していた。そんな彼らを襲う謎の組織が登場。どうやらサヤビトの密売と絡んでいるらしい。クイファとリヴィアは本部に戻り、謎の組織と対峙することとなる――。彼らの他にも、絆を求めたサヤビトの悲しい物語を収録。
大戦終結後「黒の守護神(プレティトーレ)」という組織が、戦う場を失ったサヤビトを管理していた。この組織所属のクイファとリヴィア。彼らは未登録のサヤビトを探し出すため、世界各地を旅していた。そんな彼らに敵対する、サヤビトの密売組織の存在が明らかになってきたが、その組織は、リヴィアと過去に因縁があったようだ――。「黒の守護神」の一員・サラの過去話も収録。泣けるお話満載です!
大戦終結後「黒の守護神(プレティトーレ)」という組織が、戦う場を失ったサヤビトを管理していた。この組織所属のクイファとリヴィア。彼らは未登録のサヤビトを探し出すため、世界各地を旅していた。そんな彼らに敵対するサヤビトの密売組織には、リヴィアを起動した主人が関わっていた。その元主人が刺客を送り、リヴィアは傷つき倒れた。病床でリヴィアは、自分が生まれクイファと出会った頃を思い出していた――。
体から剣を具現化させ戦う人造人間「サヤビト」。大戦終結後「黒の守護神(プレティトーレ)」という組織が、戦う場を失ったサヤビトを管理していた。この組織所属のリヴィアが主人公。そこに敵対するサヤビトの密売組織は、リヴィアの元主人・ゴドフレードが率いていた。執拗にリヴィアを狙うゴドフレードは、強大な攻撃力を持つ刺客を送り込んできた! だがその刺客もまた、ゴドフレードの犠牲者だったのだ――。
体から剣を具現化させ戦う人造人間「サヤビト」。大戦終結後「黒の守護神(プレティトーレ)」という組織が、戦う場を失ったサヤビトを管理していた。この組織所属のリヴィアが主人公。そこに敵対するサヤビトの密売組織は、リヴィアの元主人・ゴドフレードが率いていた。そして黒の守護神の部長・リオンは、リヴィアの精神中に存在するサヤビト・アンの元主人だった。ゴドフレードを倒すため、リヴィアは過去に決着をつける!
体から剣を具現化させ戦う人造人間「サヤビト」。大戦終結後「黒の守護神(プレティトーレ)」という組織が、戦う場を失ったサヤビトを管理していた。この組織所属のリヴィアが主人公。そこに敵対するサヤビトの密売組織は、リヴィアの元主人・ゴドフレードが率いていた。黒の守護神を解散に追い込んだゴドフレードに対し、リヴィアはすべての力を込めて最終決戦を挑む! そしてサヤビトという存在の秘密が明らかになる――!