icon_book
4巻を試し読み
icon_book
4巻を試し読み

あらすじ

今日子が次郎の子どもを妊娠した――。とうとう来てしまったその日。どうしていいかわからず戸惑う次郎は、病院の帰り、今日子とはぐれてしまう。一人、橋のたもとで今日子を待ち続ける次郎。その頃今日子は、とほうもなく重い心を抱いて、たったひとりで街をさまよっていた。