icon_reread
また読みたい
フォロー
折れた竜骨(1)
ロンドンから北海を東に三日も進んだあたりに浮かぶ、大小ふたつの島からなる――ソロン諸島。平和な時が流れるこの島で、ある年老いた衛兵が謎の死を遂げたことから、大きな転機が訪れる……。
折れた竜骨(2)
自然の要塞であったはずの小ソロン島。だが、暗殺騎士の魔術によりソロンの領主は斃れた。浮かび上がる“走狗”候補の8人の容疑者。魔術や呪いが跋扈する世界の中で、推理の力は真相に辿り着くことができるのか?
折れた竜骨(3)
「僕がアミーナ様のことでわかるのは、仇を討つために戦いたいならそうするべきだ、ということだけです。そのためなら、僕はアミーナ様のために戦います。僕と父の剣に賭けて誓います」第64回日本推理作家協会賞受賞作『折れた竜骨』。魔法が存在する世界で展開される本格ミステリーのコミカライズ第3巻!難攻不落の小ソロンの秘密を看破したファルク。天然の密室と思われていた小ソロンの秘密とは? 積み上げられた事実は誰を<走狗>と指し示すのか!?
折れた竜骨(4)
容疑者は8人――領主を殺害した走狗は誰なのか。真犯人を探すさなか、警鐘が鳴り響く! 伝説の存在であった「呪われたデーン人」がソロンへと押し寄せたのだった。
折れた竜骨(5)
第64回日本推理作家協会賞受賞作 コミカライズ第5巻! 「走狗」ははたして誰なのか。そして「推理」の結末は――