reread
また読みたい
フォロー
時は1561年――播磨から漢見物のため、堺を訪れていた黒田万吉(後の黒田官兵衛)。彼の前に現れたのは桶狭間を制した梟雄・織田信長だった…勝負の風、人の風、天下の風を読んだ戦国最強の軍師・黒田官兵衛とは!?
織田信長と出会ったことで新たな生き様を決めた官兵衛。播磨に戻った後、元服、初陣と戦国の世にその名を轟かせ始めたが、播磨国内では大名達が対立を深めていた…
群雄割拠の播磨をその手に掴むべく、情報を収集し、仲間を集めていた官兵衛。そんな折、宿敵・赤松政秀が、妹・志織の婚儀を襲撃!!それを察知した官兵衛は、妹を救うべく馬を走らせるが…。
官兵衛の妹・志織の仇である宿敵・赤松政秀との直接対決!!そして、敵方として参陣したのは天才と謳われた竹中半兵衛だった!!軍師として、漢としての究極の決断が長きに渡る戦いに終止符を打つ――
織田信長、羽柴秀吉、徳川家康と官兵衛の命賭けの真剣勝負が勃発!! さらに小早川隆景、吉川元春率いる毛利家参戦!! 白熱の頭脳戦の行方は!?
荒木村重が突如、織田信長に謀反!! 友として、説得に向かった官兵衛には本当の目的があった!! さらに竹中半兵衛の策略により、各人各様の思惑が絡み合うが…。
有岡城を舞台に官兵衛と半兵衛の軍師対決が激化!! さらに信長と対峙した官兵衛の驚くべき行動とは!?
1582年、“本能寺の変”直前。官兵衛にのみ信長が語った真の天下布武の意味とは!? そして、天下統一後の信長の夢とは!? 官兵衛と信長、戦国最強の二人が描く未来はまもなく訪れようとしていた。しかし、佳境に入っていた毛利攻めの最中、官兵衛の元に驚愕の報せが飛び込む!!
信長の死後、天下の趨勢は、官兵衛と光秀が激突する“天王山の戦い”に委ねられた!! そして、光秀が官兵衛だけに語った謀反の真実とは!?
信長亡き後の後継者争いが勃発! そして遂に、羽柴秀吉と徳川家康が小牧長久手の戦いで激突!! 官兵衛は秀吉の軍師として家康の元を訪れ、降伏を提案するが、家康一世一代の策に翻弄され…。後の天下を決めた官兵衛と家康の契りとは!? 原哲夫が生み出した極上の戦国大河。ここに完結!!