icon_reread
また読みたい
フォロー
ダレン・シャン(1)
▼第1話/ダレンとスティーブ ▼第2話/危険な遊び ▼第3話/新しい力 ▼第4話/闇の世界へ ●主な登場人物/ダレン・シャン(蜘蛛が大好きな少年)、スティーブ・レナード(ダレンの親友でオカルト好き)、クレプスリー(謎のサーカス「シルク・ド・フリーク」に出演していた蜘蛛使い) ●あらすじ/ある日の放課後、親友スティーブの家を訪れたダレンは、いつものように蜘蛛とオカルトの話で盛り上がっていた。その帰り道、「シルク・ド・フリーク」というサーカスのチラシをもらったダレンが、翌日学校に持っていくと、案の定スティーブも興味を寄せてきた。フランス語で「異形のサーカス」を意味する不気味なショーのチケットを手に入れた2人は、夜を待って会場へと駆けるが…(第1話)。 ●本巻の特徴/不思議なサーカス「シルク・ド・フリーク」に出会ってしまったダレンとスティーブ、そこから2人の運命は変わっていった!! 闇の世界に引きずり込むように絡み合った運命の分かれ道… ダレンが選んだ数奇な運命とは!? 話題の小説が漫画になってついに登場!!
ダレン・シャン(2)
▼第5話/バンパイアの生活 ▼第6話/シルク・ド・フリークへ ▼第7話/二番目の友達 ▼第8話/ミスター・タイニー ▼第9話/小さな殺意 ▼第10話/サムへの条件 ▼第11話/うその告白 ▼第12話/最後の夜 ▼第13話/血と魂 ▼第14話/サムとともに ●主な登場人物/ダレン・シャン(蜘蛛が大好きな少年。親友・スティーブの命を助けるために、クレプスリーと血の契約をし、まずは半バンパイアとなる)、ラーテン・クレプスリー(百戦錬磨のバンパイア。人間だったダレンをバンパイアにした張本人。弟子になったダレンと旅を続ける) ●あらすじ/半バンパイアとなり、平和な暮らしを捨ててクレプスリーと旅を続けるダレン。半バンパイアといえども、人間の血を飲まねば生きていけないのだが、ダレンは動物の血を飲むことはできても、人間の血だけは飲めずにいた。いまだに人間としての生活に未練を持ち続けるダレンは、クレプスリーが眠っている昼の間、街に出て、見知らぬ子供たちとサッカー遊びに興じるが…(第5話)。 ●本巻の特徴/半バンパイアとして、闇の世界で生きる日々が始まったダレン。新しい二人の親友エブラとサムとの出会いがある一方、新たな試練も待ち受けて…!? ●その他の登場人物/エブラ・フォン(ダレンが「シルク・ド・フリーク」で出会った、蛇少年の親友。ダレンと共に旅をすることに)、サム・グレスト(シルク・ド・フリークに入りたがる少年)、ウルフマン(人の血と狼の血が混じっていて、本能のまま暴れて人を殺すので鎖につながれている)、ミスター・デズモンド・タイニー(二年ぶりにシルク・ド・フリークに来た不気味な老人)、レジー・ベジー(通称R・V。自然や動物を守るために戦う環境戦士)
ダレン・シャン(3)
▼第15話/ガブナー・パール ▼第16話/町の生活 ▼第17話/初めてのデート ▼第18話/疑惑 ▼第19話/謎の生きもの ▼第20話/バンパイアとバンパニーズ ▼第21話/地下水路 ▼第22話/エブラに続く道 ▼第23話/とらわれの身 ▼第24話/死闘 ●主な登場人物/ダレン・シャン(蜘蛛が大好きな少年。親友・スティーブの命を助けるために、クレプスリーと血の契約をし、まずは半バンパイアとなる)、ラーテン・クレプスリー(百戦錬磨のバンパイア。人間だったダレンをバンパイアにした張本人。弟子になったダレンと旅を続ける) ●あらすじ/サムの死から約1年後、とある町でサーカスの巡業をしていたダレンたちのもとに、ガブナーという男が訪れた。クレプスリーの友人である彼もまたバンパイアで、バンパイア一族を監督する“バンパイア将軍”という地位にもついている。なんでもクレプスリーに大事な相談があって来たらしいのだが…(第15話)。 ●本巻の特徴/サーカスといったん別れ、見知らぬ都会へと旅立ったダレン、クレプスリー、エブラの3人。だがそこで恐るべき猟奇殺人事件が発生した! 6人もの人間の血を抜いて殺した犯人はいったい…!? ●その他の登場人物/エブラ・フォン(ダレンが「シルク・ド・フリーク」で出会った、蛇少年の親友。ダレンと共に旅をすることに)、デビー・ヘムロック(ダレンが都会で出会った少女)、マーロック(バンパイヤの生き方を受け入れられずに独立したバンパニーズ)
ダレン・シャン(4)
▼第25話/悪魔の忠告 ▼第26話/ストリーク ▼第27話/ハーキャットの言葉 ▼第28話/入城 ▼第29話/需品長シーバー・ナイル ▼第30話/バンパイアの生きかた ▼第31話/処刑の間 ▼第32話/初めての試合 ▼第33話/元帥の間 ▼第34話/力量の試練 ●主な登場人物/ダレン・シャン(蜘蛛が大好きな少年。親友・スティーブの命を助けるために、クレプスリーと血の契約をし、まずは半バンパイアとなる)、ラーテン・クレプスリー(百戦錬磨のバンパイア。人間だったダレンをバンパイアにした張本人。弟子になったダレンと旅を続ける) ●あらすじ/クレプスリーの故郷を後にし、シルク・ド・フリークに戻ってから6年。半バンパイアのため、5年に一歳分しか成長できないダレンは、青年になっていくエブラを見て、時に寂しく思いながらも平和な日々を過ごしてきた。だが、ある日突然、クレプスリーから“バンパイア・マウンテン”に旅立つことを告げられ、慌てて旅支度を始めると、そこにMr.タイニーが現れて…?(第25話) ●本巻の特徴/12年に一度開かれるバンパイア総会に出席するため、長く険しいバンパイア・マウンテンへの旅路を歩むことになったダレン。その途中、レフティことハーキャットが語った「バンパニーズ大王の夜が来る」の意味とは? そして、目的地でダレンを待つ運命は…!? ●その他の登場人物/ガブナー・パール(クレプスリーの友人。バンパイア将軍のひとり)、ハーキャット・マルズ(Mr.タイニーと取引をして、リトル・ピープルの体を手に入れた元幽霊)、シーバー(クレプスリーの師匠)、カーダ・スモルト(120歳の若さで元帥に昇格されようとしているバンパイア)、エラ・セイルズ(女バンパイア。尊敬する相手としか握手をしない)、ミッカー・バー・レス元帥(現在一番若い元帥で270歳)、パリス・スカイル元帥(800歳を超える最年長のバンパイア)、アロー元帥(反バンパニーズの急先鋒)
ダレン・シャン(5)
▼第35話/バンパイアの夫婦 ▼第36話/第一の試練 ▼第37話/第二の試練 ▼第38話/祝祭の始まり ▼第39話/第三の試練 ▼第40話/クレスプリーの希望 ▼第41話/絶対絶命 ▼第42話/死ぬか、生きるか? ▼第43話/予想外のできごと ▼第44話/死してなお ●主な登場人物/ダレン・シャン(蜘蛛が大好きな少年。親友・スティーブの命を助けるために、クレプスリーと血の契約をし、まずは半バンパイアとなる)、ラーテン・クレプスリー(百戦錬磨のバンパイア。人間だったダレンをバンパイアにした張本人。弟子になったダレンと旅を続ける) ●あらすじ/掟を破り子供のダレンをバンパイアにしたことで、バンパイア元帥たちから厳しい非難を受けたクレスプリー。そんな師匠の汚名をすすぎ、自らが一人前であることを証明すべく、ダレンは過酷な「力量の試練」に挑むことを決意する。試練に失敗すると処刑されることを後で知り、一度は恐怖したダレンだが、仲間たちの励ましを得て、くじで引き当てた最初の試練「水の迷路」へと進んでいく(第35話)。 ●本巻の特徴/次々と行われる「力量の試練」に体も心もボロボロになっていくダレン。だが、迎えた第四の試練で、ダレンに予測不能のアクシデントが…!? ●その他の登場人物/ガブナー・パール(クレプスリーの友人。バンパイア将軍のひとり)、ハーキャット・マルズ(Mr.タイニーと取引をして、リトル・ピープルの体を手に入れた元幽霊)、シーバー(クレプスリーの師匠)、カーダ・スモルト(120歳の若さで元帥に昇格されようとしているバンパイア)、エラ・セイルズ(女バンパイア。尊敬する相手としか握手をしない)、ミッカー・バー・レス元帥(現在一番若い元帥で270歳)、パリス・スカイル元帥(800歳を超える最年長のバンパイア)、アロー元帥(反バンパニーズの急先鋒)
ダレン・シャン(6)
▼第45話/急流 ▼第46話/うらぎり者のたくらみ ▼第47話/案内役マグダ ▼第48話/叙任式 ▼第49話/告発 ▼第50話/戦闘開始 ▼第51話/遺言 ▼第52話/カーダの告白 ▼第53話/裁き ▼第54話/血の儀式 ●主な登場人物/ダレン・シャン(蜘蛛が大好きな少年。親友・スティーブの命を助けるために、クレプスリーと血の契約をし、まずは半バンパイアとなる)、ラーテン・クレプスリー(百戦錬磨のバンパイア。人間だったダレンをバンパイアにした張本人。弟子になったダレンと旅を続ける) ●あらすじ/力量の試練に失敗し、バンパイア山からの逃亡の最中、カーダの裏切りを知ったダレン。バンパニーズに追われ巨大水路に落ちたダレンに、カーダは救いの手を差し出すが、ダレンはそれをはねのけ激流に飲み込まれていく。そして奇跡的にバンパイア山の外に流れ着いたダレンだったが、すでに体力は尽き、極寒の中でただ凍死を待つばかり。だがその時、バンパイア山への旅路の途中で仲良くなった狼・ルディが現れて…(第45話)。 ●本巻の特徴/カーダの企みを阻止するため、一度は逃亡したバンパイア山に戻る決意をしたダレン。バンパイアの未来のため、そして殺されたガブナーのため、ダレンの戦いが始まる!! ●その他の登場人物/ガブナー・パール(クレプスリーの友人。バンパイア将軍のひとり)、ハーキャット・マルズ(Mr.タイニーと取引をして、リトル・ピープルの体を手に入れた元幽霊)、シーバー(クレプスリーの師匠)、カーダ・スモルト(120歳の若さで元帥に昇格されようとしているバンパイア)、エラ・セイルズ(女バンパイア。尊敬する相手としか握手をしない)、ミッカー・バー・レス元帥(現在一番若い元帥で270歳)、パリス・スカイル元帥(800歳を超える最年長のバンパイア)、アロー元帥(反バンパニーズの急先鋒)
ダレン・シャン(7)
▼第55話/戦争会議 ▼第56話/バンペット ▼第57話/選ばれし者 ▼第58話/変化 ▼第59話/昼の戦い ▼第60話/第三のハンター ▼第61話/レディー・エバンナ ▼第62話/シルク・ド・フリーク ▼第63話/不審な会話 ▼第64話/バンチャの過去 ●主な登場人物/ダレン・シャン(蜘蛛が大好きな少年。親友・スティーブの命を助けるために、クレプスリーと血の契約をし、まずは半バンパイアとなる。現在はバンパイア元帥に昇格し、大王ハンターに指名された)、ラーテン・クレプスリー(百戦錬磨のバンパイア。人間だったダレンをバンパイアにした張本人。ダレンの師匠でもあり、理解者。大王ハンターの一人) ●あらすじ/バンパニーズと共謀したカーダの裏切りを暴き、見事な作戦で敵を撃退したダレン。この功績を認められたダレンはバンパイア元帥への昇格を果たすが、バンパイアとバンパニーズは互いの存亡をかけた大戦争へと突入していく。それから6年間、ダレンはバンパイア・マウンテンの中で知識と力を蓄える日々を過ごしてきたが、そこに戦場からミッカー元帥が戻ってきて…(第55話)。 ●本巻の特徴/バンパニーズ大王を倒すため大王ハンターに指名されたダレンとクレプスリー。まずは、バンパニーズ大王の手がかりを知るレディー・エバンナのほら穴へ向かう!! ●その他の登場人物/ハーキャット・マルズ(Mr.タイニーと取引をして、リトル・ピープルの体を手に入れた元幽霊)、ミッカー・バー・レス元帥(現在一番若い元帥で270歳)、パリス・スカイル元帥(800歳を超える最年長のバンパイア)、アロー元帥(反バンパニーズの急先鋒)、バンチャ・マーチ(バンパイア元帥。大王ハンターの一人)、レディー・エバンナ(バンパニーズ大王の手がかりを知る謎の女性)
ダレン・シャン(8)
▼第65話/学校視察官 ▼第66話/転校生 ▼第67話/うそ ▼第68話/友達と恋人 ▼第69話/暗い路地で ▼第70話/同志 ▼第71話/新たな同志 ▼第72話/さらなる被害者 ▼第73話/怒りと憎しみ ▼第74話/人質 ●主な登場人物/ダレン・シャン(親友スティーブの命を救うために半バンパイアにされ、人間の生活を捨てた。現在はバンパイア元帥に昇格し、大王ハンターに任命された)、ラーテン・クレプスリー(百戦錬磨のバンパイア。人間だったダレンをバンパイアにした張本人。ダレンの師匠であり理解者。大王ハンターの1人) ●あらすじ/バンパニーズ大王捜索の旅の中、再びクレプスリーの故郷にやってきたダレンたち。手がかりがつかめないまま、ある夜ホテルで休んでいると、学校視察官のブローズという男が突然訪ねてきた。そして「入学書類を送りながら、なぜダレン君は学校に来ないのか」と問いただされ、もちろん送った覚えのないダレンたちは激しく困惑する。罠の可能性もはらんだまま、結局ダレンは学校に通うことにしたが…(第65話)。 ●本巻の特徴/何者かの策略により、人間の学校に通うはめになったダレン。そこで再会したのは、かつてのガールフレンド・デビーと、親友・スティーブで…!? ●その他の登場人物/ハーキャット・マルズ(Mr.タイニーに作られたリトル・ピープルという謎の生物。ダレンの友達)、バンチャ元帥(バンパイア元帥。大王ハンターの1人)、デビー・ヘムロック(国語教師。13年前にマーロックに狙われた、ダレンのかつてのガールフレンド)、スティーブ・レナード(ダレンのかつての親友。バンパイアになりたかったが拒絶された)
ダレン・シャン(9)
▼第75話/逃走 ▼第76話/取り調べ室 ▼第77話/読み違い ▼第78話/生まれつき ▼第79話/地下室へ ▼第80話/大王登場 ▼第81話/勝者 ▼第82話/決断 ▼第83話/応援部隊 ▼第84話/悪魔のささやき ●主な登場人物/ダレン・シャン(親友スティーブの命を救うために半バンパイアにされ、人間の生活を捨てた。現在はバンパイア元帥に昇格し、大王ハンターに任命された)、ラーテン・クレプスリー(百戦錬磨のバンパイア。人間だったダレンをバンパイアにした張本人。ダレンの師匠であり理解者。大王ハンターの1人) ●あらすじ/地下水路で大勢のバンパニーズに取り囲まれるも、なんとか地上に脱出したダレンたち。人質にとったスティーブのアパートへ戻って態勢を整え直そうとするが、スティーブはこの状況を予期してダレンたちを殺人犯として警察に通報していた! 200人以上もの警官、軍人がアパートを取り囲む、まさに絶体絶命の状況に…(第75話)。 ●本巻の特徴/デビーを人質に取られた絶望的状況の中で、大王を倒すチャンスはあと2回。一族の命運をかけた「傷ある者の戦」に勝利するのは…!? ●その他の登場人物/ハーキャット・マルズ(Mr.タイニーに作られたリトル・ピープルという謎の生物。ダレンの友達)、バンチャ元帥(バンパイア元帥。大王ハンターの1人)、デビー・ヘムロック(国語教師。13年前にマーロックに狙われた、ダレンのかつてのガールフレンド)、スティーブ・レナード(ダレンのかつての親友。バンパイアになりたかったが拒絶され、今はバンバニーズとなってダレンと敵対する)、アリス・バージェス(謎の殺人事件を追うたくましい女性警察官)
ダレン・シャン(10)
▼第85話/涙 ▼第86話/出発 ▼第87話/落とし穴 ▼第88話/ヒキガエル ▼第89話/伝説の生きもの ▼第90話/グロテスク ▼第91話/脱出 ▼第92話/爆弾 ▼第93話/魂 ▼第94話/定め ●主な登場人物/ダレン・シャン(親友スティーブの命を救うために半バンパイアにされ、人間の生活を捨てた。現在はバンパイア元帥に昇格し、大王ハンターに任命された)、ハーキャット・マルズ(Mr.タイニーに作られたリトル・ピープルという謎の生物。ダレンの友達) ●あらすじ/バンパニーズとの決戦を終え、バンパイアマウンテンに向かうバンチャと別れてシルク・ド・フリークに戻ったダレン。偉大な師・クレプスリーの死を受け入れられないダレンは、心配するハーキャットにまで冷たい態度をとり、ふさぎ込んでしまう…(第85話)。 ●本巻の特徴/ハーキャットが自身の正体を知る旅に出かけることになり、ダレンもこれに同行することに。ダレンたちは異世界での厳しい旅を乗り越えられるのか? そして、ハーキャットの正体とはいったい…!? ●その他の登場人物/バンチャ元帥(バンパイア元帥。大王ハンターの1人)、デビー・ヘムロック(国語教師。13年前にマーロックに狙われた、ダレンのかつてのガールフレンド)、アリス・バージェス(謎の殺人事件を追うたくましい女性警察官)、Mr.タイニー(心臓の形の懐中時計を持ち歩く謎の男。リトル・ピープルを率いる)、レディー・エバンナ(姿を変えたり予言したり、様々な能力を持つ魔女)、スピッツ・エイブラムズ(謎の世界へ紛れ込んでしまった元海賊)、ラーテン・クレプスリー(百戦錬磨のバンパイア。人間だったダレンをバンパイアにした張本人。ダレンの師匠であり理解者。大王ハンターの1人だったが、仲間の命と引き換えに死を選ぶ)、スティーブ・レナード(ダレンのかつての親友。バンパイアになりたかったが拒絶され、今はバンバニーズ大王となってダレンと敵対する)