あらすじ

▼第25話/悪魔の忠告 ▼第26話/ストリーク ▼第27話/ハーキャットの言葉 ▼第28話/入城 ▼第29話/需品長シーバー・ナイル ▼第30話/バンパイアの生きかた ▼第31話/処刑の間 ▼第32話/初めての試合 ▼第33話/元帥の間 ▼第34話/力量の試練 ●主な登場人物/ダレン・シャン(蜘蛛が大好きな少年。親友・スティーブの命を助けるために、クレプスリーと血の契約をし、まずは半バンパイアとなる)、ラーテン・クレプスリー(百戦錬磨のバンパイア。人間だったダレンをバンパイアにした張本人。弟子になったダレンと旅を続ける) ●あらすじ/クレプスリーの故郷を後にし、シルク・ド・フリークに戻ってから6年。半バンパイアのため、5年に一歳分しか成長できないダレンは、青年になっていくエブラを見て、時に寂しく思いながらも平和な日々を過ごしてきた。だが、ある日突然、クレプスリーから“バンパイア・マウンテン”に旅立つことを告げられ、慌てて旅支度を始めると、そこにMr.タイニーが現れて…?(第25話) ●本巻の特徴/12年に一度開かれるバンパイア総会に出席するため、長く険しいバンパイア・マウンテンへの旅路を歩むことになったダレン。その途中、レフティことハーキャットが語った「バンパニーズ大王の夜が来る」の意味とは? そして、目的地でダレンを待つ運命は…!? ●その他の登場人物/ガブナー・パール(クレプスリーの友人。バンパイア将軍のひとり)、ハーキャット・マルズ(Mr.タイニーと取引をして、リトル・ピープルの体を手に入れた元幽霊)、シーバー(クレプスリーの師匠)、カーダ・スモルト(120歳の若さで元帥に昇格されようとしているバンパイア)、エラ・セイルズ(女バンパイア。尊敬する相手としか握手をしない)、ミッカー・バー・レス元帥(現在一番若い元帥で270歳)、パリス・スカイル元帥(800歳を超える最年長のバンパイア)、アロー元帥(反バンパニーズの急先鋒)