icon_reread
また読みたい
フォロー
青春のアフター(1)
オトナになった僕の前に現れたのは、高校生の時に目の前で消えた、大好きなあの娘だった――。女子高生の姿のまま現在にタイムスリップしてきたさくらと、さくらへの想いを心の片隅に残したまま32歳になった鳥羽、そしてその彼女・みい子の歪んだ同居生活が始まる…。
青春のアフター(2)
美しく残酷な青春の、歪んだ後始末が始まる――。16年前からタイムスリップしてきた高校生のさくらに、彼女との穏やかで幸せな日常をかき乱される鳥羽。歪んだ気持ちは徐々に膨らむが、そんな中でさくらが再び姿を消し…。
青春のアフター(3)
「穏やかで現実的な彼女との未来」か「取り憑いて消えない青春の記憶」か。さくらを冷たく突き放した鳥羽。落ち込むさくらに倉橋は…。一方のみい子は、鳥羽と2人きりの生活が戻り大はしゃぎ。そんな4人で大人の修学旅行に行くことになり、波乱の展開が幕を開ける――。
青春のアフター(4)
高校生のままのさくら、32歳になった鳥羽と倉橋、鳥羽の婚約者・みい子。大人の修学旅行は、4人を思いもよらぬ方向へ…。長い年月を経て、こじれてねじ曲がってしまった青春の後始末を、彼らはどう終わらせるのか――!?
青春のアフターIF
「青春のアフター」完結後、著者自ら描いたセルフ同人誌が待望の電子化! 16歳のあの時、もしもさくらが消えていなかったら…? 青春の全てが静かな日常とともに流れ、奇跡のようなハッピーエンドを迎えるルートがあったなら。この物語は、ある男のそんな願いが生んだ、青春のその後のもう一つの可能性――。