icon_reread
また読みたい
フォロー
薔薇王の葬列(11)
共謀者としての契りを結んだリチャードとバッキンガムは、邪魔者を次々と粛清していく。磐石な地盤を求め、リチャードが次に出た行動とは…!? 一方、エリザベスが反撃の準備を進め…!? ※こちらは巻末に電子版のみの特典ペーパーがついています。
薔薇王の葬列(12)
裏切り者のヘイスティングを亡き者にし、リチャードたちはその力を確実なものにしていった。一方、エドワード五世の戴冠式の日取りが確定。さらに余興で狩りを行うことに。その裏で、王と王弟は恐ろしい謀を巡らせていて……!?
薔薇王の葬列(13)
エリザベスやエドワード五世という敵が消え去り、玉座まであと一歩のところで、民から拒絶されるリチャード。王になるため、彼は颯爽と立ち上がったが……!?
薔薇王の葬列(14)
ついに王に君臨したリチャード。祝宴が開かれる中、リチャードとバッキンガムは宴を抜け出し愛し合う。一方、玉座を狙うランカスター派・リッチモンドの暗躍により、幸せは静かに色を失いはじめようとしていた。浮上するリチャードの息子・エドワードの不義の子疑惑、そして揺らぐ王の地盤。リチャードとバッキンガムの二人に試練が訪れる!!
薔薇王の葬列(15)
互いに描く未来の差に愕然とするバッキンガムは、ティレルにリチャード殺害を命じる。バッキンガムはスタンリーたちの協力を得ようと画策。だが、スタンリー側から信用の代わりに二人の王子を殺すように命じられ……!?