icon_reread
また読みたい
フォロー
どらくま(1)
知られざる…もうひとつの「乱世」の始まり。 徳川の天下が定まり、訪れたかに見えた太平の世…。だがそれは新たな動乱の幕開けだった! 戸土野正内郎が挑む本格時代劇アクション登場!!
どらくま(2)
徳川の歪んだ執念が…太平の世を震撼させる。 上田に向かった九喪(クモ)と源四郎。そこには真田対徳川の凄絶な《影の戦》が待っていた…! 待望の第二巻!!
どらくま(3)
《表裏比興(ひょうりひきょう)》……それが真田の生きる戦(みち)。 一通の書状が徳川の狂気を呼び覚まし、真田を窮地へと追い込むが…。超待望の第3巻!
どらくま(4)
独眼の龍が棲まう地へ…。 軒猿十王の一人・天雄(てんゆう)を追って、源四郎一行は伊達家の治める奥州に足を踏み入れるが…! 待望の新章突入!!
どらくま(5)
元寇以来の“国難”が、太平の日本(ひのもと)を揺るがす…!! 九喪(クモ)達がシカキンの裏切りで捕らえられる中、天雄(てんゆう)の策略が再びうごめく…。乱世が遺した狂気が増殖する、衝撃最新第5巻!!
どらくま(6)
「生き残れりゃ勝ちですよ……俺はそう思ってます」 金の亡者、戦国の亡者を「勘定」す! これで見納め…衝撃怒濤の最終第6巻!!