【お知らせ】
自由広場には「自由広場に投稿されたトピック」が、クチコミトップには「作品・雑誌に投稿されたクチコミ」がそれぞれ表示されるようになりました。
いでじゅう! 1巻
県立伊手高柔道部。かつては県大会優勝など輝かしい実績を誇っていたが、今はすっかり衰退している。6月に3年生が引退し、2年生部員は0。残ったのは全員初心者の1年生数人だけだ。この厳しい状況の中、部長に任命された林田は部の再建を目指し燃えるが、残りの部員はロクでもないメンバーばかりで…!?伊手高柔道部の面々が繰り広げる、学園コメディー!
いでじゅう! 2巻
藤原からカラオケの誘いがきた。林田にはメールだったが、桃ちゃんのところには、何やら正体不明な奇妙な物体が直接やってきた。それはなんと藤原のちょんまげ、その名も「チョメジ」!!チョメジは、桃ちゃんに無理やり付き合おうと迫るヤンキー風のクラスメイトに鉄拳を…!?
いでじゅう! 3巻
3年生が引退したことと、女の子部員が入ったことを知って、以前に辞めた2年生部員たちが柔道部に再び顔を出し、我が物顔の振る舞いを始めた。だが林田はもちろん、他の部員たちもそんな無責任な連中を認める気はない。そこで林田たちはあの手この手で2年生を追い出そうとする。
いでじゅう!(4)
桃里がさらわれた!その犯人はかつて彼女が所属していた天文部の部長・天伯昭夫!!時計塔のてっぺんで助けを待つ桃里を救うべく、3階のトラップをクリアした林田たちは、4階に駆け上がる。そこにはなぜか、カツサンドが!?大好物を目の前に藤原はつい手を伸ばすが、それが実はチキンカツサンド。以前腐ったフライドチキンを食べて以来、鶏肉アレルギーだった藤原の運命は…!?
いでじゅう!(5)
前巻の体育祭で思いのほか活躍した柔道部に、入部希望の見学者が殺到した!!しかし、女子は東、男子は桃里目当ての不純な動機の奴らばかり…。果たして伊手高柔道部は、新部員を獲得できるのか!?
いでじゅう!(6)
いまだ全員白帯の伊手高柔道部の面々が、揃って一級(茶帯)の昇級試験を受けに行くことに。意気込んで会場に向かうが、中学生が多い上、三試合中二勝すれば合格ということで、一気に楽勝ムードに。しかし、林田の初戦の相手は、なんと三浦だった!!果たして、全員無事一級に合格できるのだろうか?
いでじゅう!(7)
冬のある日、林田がいつものように柔道場に練習にいくと、なんと藤原・皮村・三浦の三人が拾ってきたコタツを修理していた!さらにふとんまで持ち込み柔道場はすっかりくつろぎモード。怒り狂う林田をよそに、遅れてきた部員達も次々とこたつに入っていき、こんな状態で練習を始められるのか!?
いでじゅう!(8)
昇段試験直前に、ケガで入院してしまった林田。自宅の手伝いで遅れる桃里を除く柔道部員たちが見舞いに現れるが、「全員一発で黒帯を取るから」「そしたら部長だけ茶帯」と意地悪な言葉を残して帰っていく。一瞬怒りの気持ちがこみ上げた林田だが、後からやって来た桃里の「今回はみんなを応援してあげよう」の言葉に我を取り戻し…。
いでじゅう!(9)
あいかわらずマイペースで練習を続ける柔道部の面々だったが、東が最近、姿を見せない。どうやら、練習だけでなく、学校自体を休んでいるらしい。大して気にかけることもなく、練習後みんなは桃里のうちにラーメンを食べにいく。何気なく観ていたテレビに、突然、東の姿が!なんと芸能界デビュー!?
いでじゅう!(10)
今日から3日間、柔道場での夏合宿がスタート。OBの井上も現れて、充実した練習に励んだ後、そろそろ夕食を作ろうとしていた桃里と朔美のもとへ、同じく合宿中のバレー部員・山咲幸子がやってきた。バレー部員が料理オンチばかりなので、一緒に食事を作ってほしいとの願いに、快くOKした桃里たちだが…。