icon_reread
また読みたい
フォロー
屍姫(1)
人の手に造り上げられし、不死者殺しの少女達……。あるものは畏怖と憐憫を込め、またあるものは侮蔑と嘲笑を込めて。「屍姫」――、とそう呼ばれる。新鋭・赤人義一が描く、ホラー&ガンアクション!!
屍姫(2)
「屍姫」……不死を殺す不死の少女達。星村マキナもまた、その一人。語られる過去、そして彼女を使役せし契約僧・田神景世の想い。それら全てを飲み込んでいく屍たちの闇、「大群(おおぜいのけがれ)」。日常など既に無い。
屍姫(3)
憐憫と侮蔑を背負いし「屍姫」星村マキナを中心に、闇は廻る。不死たる屍を狩る少女に、安息など無い。彼岸の泥濘に踏み込みし少年、花神オーリもまた同じ。忍び寄る狂気、「大群(おおぜいのけがれ)」。立ちはだかるものは、ただ非情なまでの事実。
屍姫(4)
始まりは憐憫だった。畏怖だった。同情だった。―――そして、約束だった。「契約僧」田神景世との契り。「屍姫」星村マキナにとって、それこそが仮初めの世界の全てだった。……その命が、零れ落ちた。彼女の世界が、激情で軋む。だが進め、「大群(おおぜいのけがれ)」の闇の中を。
屍姫(5)
日常が終わる、――世界が変わる。律を破り、境を侵し、「大群」至高の王が現れる。その闇に抗うは、再起せし屍姫・星村マキナと、その新たな契約者・花神オーリ。亡き景世が残した想い、彼ら光言宗を奮い立たせるも、闇はあまりに――深い。
屍姫(6)
「大群」王の復活。屍の首魁たる大怨霊は、闇を歪め引きずり込む。屍姫・マキナは、自らの未練と妄執に沈み、彼女の仇たる七星は躍動する。全ては王に捧げる「死の国」の為。舞台はオーリの母校。抗い足掻くも、若き契約僧・オーリのみ。
屍姫(7)
再会は突然、だが必然。マキナは、自身とその家族を殺した仇と相対する。その名「七星」――自らの執着を性とし、より深く屍へと沈んだ者。舞台は契約僧たるオーリが母校・依海高校。臨界必至――激闘、マキナVS七星・重無。
屍姫(8)
屍――それは「死」、ただその「異形」。屍姫・マキナもまた同じ。決意新たなオーリにとっても、彼女の覚悟の闇は深すぎるのか。迫る「死の国」の顕現。悩める若き契約僧を前に語られるは、もう一人の契約僧の抗えぬ過去――。
屍姫(9)
オーリが向かい合わされるのは、「死」。ただその「異形」。語られるは、屍姫・異月と契約僧・嵩柾の悲劇の結末。そして忍び寄る大群・ミラムの影――。
屍姫(10)
屍姫が集いし光言宗本山を、「大群」教主・ミラムが強襲する!!その圧倒的な力を前に、窮地に追い込まれるマキナたち。だがそれを救ったのは「最強」の屍姫……その名は神佳。激闘完全収録の第10巻!!