また読みたい
フォロー
パン創りの神が宿る「太陽の手」を持つ少年・東和馬。世界に誇れる日本のパン「ジャぱん」を創るため上京してきた和馬が繰り広げるさわやか、かつ熱血物語!もともとゴハン党だった和馬は、6歳の時にパンの虜になった。その訳は、近所にあったパン屋さん「サンピエール」で、抜群においしいパンを食べたことにある。サンピエールの店主は、日本が世界に誇れる日本人のパン「ジャぱん」を創ることが夢だった。フランスパン、イギリスパン、ドイツパンなど、世界には自国の名を冠したパンが沢山あるが、日本にはない。そこで店主は、世界中に愛される日本のパンを創ろうとしていたのだ。フランスで修行を積んだ彼は、そのパンを故郷で創ろうとするが上手くいかず、東京に出ることにする。そしてまた和馬も、彼の意志を自分で実現させようとパン創りに夢中になったのだ。それから10年の月日が流れ、中学を卒業した和馬は、東京でも1、2を争う有名なベーカリーショップ「パンタジア」に採用され、大きな希望を胸に上京する。
パンタジア南東京支店に採用された和馬と河内は、店長の松代から、馬も喜んで食べる「馬味(うま)いパン」を作れと命じられた。パン生地を柔らかく味わい深くするためには、牛乳やバターのような乳製品を混ぜれば簡単だが、それでは牛乳アレルギーを持つ人は、安心して食べられない。誰もが安心して口にできるパンを目指す松代は、バターに含まれる添加物や過剰な油分が嫌いな馬でもおいしく食べられる、味と健康を両立したパンを作るよう、課題を出したのだった…!!
パンタジアグループ恒例の新人戦に出場中の、和馬と河内。予選の課題は「カビの生えない食パン」だ。和馬はそれを作るための材料を探して、走って伊豆まで行こうとするが、途中で空腹のため倒れてしまう。だが偶然そこが寿司屋の前だったのが幸いした。親切な職人に御馳走してもらった和馬は、その寿司によってカビの生えない食パンのヒントをつかむ。一方河内は、月乃の提案による「太陽の手甲(ガントレット)」を手に入れるため、毎日厳しい筋力トレーニングを続けていた。
パンタジアグループ新人戦で、和馬と河内は二次予選も突破し、本選に進む。だが本選1回戦の課題は、和馬の苦手なメロンパンだった。対戦相手の水乃は、最高級マスクメロンを用意し、自信満々。そこで東は工夫をこらした「メロン寿司パンジャぱん58号」を考案するが…!?
パンタジアグループ新人戦で、ベスト8まで進んだ和馬と河内。その3回戦で和馬は、水乃が絶大な信頼を置いている謎の覆面職人・コアラと対戦する。課題は「動物パン」。和馬は特殊な手法を使い緑色に焼き上げた亀のパンを。コアラはこれまた見事な造形の竜のパンを作った。見た目も味も、両者ともに完璧。黒柳とデーブの判定は…!?
パンタジアグループ新人戦で準決勝まで進んだ和馬がいよいよ諏訪原と対戦!史上最強の新人と称される諏訪原に対し、和馬はジャぱん44号で応戦する。ジャぱん44号の余りのうまさに試験管・黒柳が絶命しかけるというハプニングもあったが、和馬は見事に勝ち決勝進出を決める。
パンタジアグループ新人戦の3位決定戦で、諏訪原と対戦中の河内。“踊るフランスパン”を作る諏訪原に対し、河内は“歌うフランスパン”で対抗する。先に出来たのは諏訪原の方。一見ただ長いだけのように見えるそのパンだが…!?
いよいよ始まった第2回モナコカップ。公開練習試合(エキシビジョン)では各国を代表するパン職人たちの工夫を凝らしたパンが並ぶ。この出来栄えで、賭けの倍率が決まるのだ。日本チームは、当日の朝になって出品するデコレーションブレッドを河内の転倒でツブしてしまい、急きょ等身大の“考える人”のパンを出品することに。それは河内の体にパン生地を塗りつけて、表面を軽く焼いただけのシロモノで…。
第2回モナコカップ本選。第1回戦の課題はスピード!制限時間60分以内に、美味しい発酵パンを作らなければならない。しかも、速く作れた順に8チームまでが勝ち抜けとなる条件付きだ!和馬の太陽の手を持ってしても、パンを完成させるには90分は必要。どうやって、時間短縮をし、さらに美味しいパンを作ろうというのだろうか!?
モナコカップ本選。第2回戦で、霧崎の妨害を受けつつ、なんとか「甘~いパン」作り上げた和馬たちだったが、全員熱中症でダウンしてしまう。さらに入院中の彼らは、病室に見舞いに来たピエロに、無人島での試合が無効試合になったことを告げられる。苦労が水の泡となったことに怒る河内だが…。