reread
また読みたい
フォロー
オーストラリアとの第二試合。仁王と不二のペアと誰もが思っていたら、なんと跡部が仁王に成り済ましていた!! 壮絶なタイブレークの末、日本が第一試合に続いて連勝した。続く第三試合は天衣無縫の金ちゃんが!?
中学生だけでオーストラリアに勝った日本代表。予選Bブロック全勝通過を掛けて、世界No.2のスイスと対戦した。ダブルス2試合があっさりと敗れ、3タテを狙うスイスに、シングルス3で亜久津が登場するが!?
決勝トーナメント進出を決めた日本。一方、アメリカ代表として参戦していたリョーマはラルフの一言で日本代表に戻ることを決めた。決勝第一試合を相手の棄権で勝利した日本。次は強豪フランスとの戦いが…。
決勝トーナメント第一試合ダブルス2は君島・白石VSトリスタン・ティモテのイケメン対決に。ポイントを取るごとにポージングをする3人に対し頑なに自分のプレースタイルを貫く白石。はたして勝負の行方は!?
決勝トーナメント第二試合、毛利・柳ペアは柳のデータテニスを駆使して世界3位の強豪フランスペアから死闘の末ついに勝利をもぎ取った。その頃準々決勝シングルス3に出場するリョーマはサブコートで……!?
決勝トーナメント準々決勝第三試合はリョーマVSプランスの対決に。プランスのエースに対し『光る打球』で対抗するリョーマ。プランスの打球がラケットを突き抜け、体で受けてコート上で倒れるリョーマだが…!?
決勝トーナメント準々決勝第四試合は真田VSオジュワールの対決。有利に試合を進める真田に対し、オジュワールは『五車の術』で真田のミスを誘い、徐々に追い詰める。真田が勝てば日本はベスト4進出だが…!?
ベスト4進出を決めた日本が準決勝で戦う相手は手塚のいる世界王者ドイツ。その初戦は鬼VS Q・P。お互い一歩も譲らぬ一進一退の試合展開で1セット目からタイブレークに突入!