あらすじ

大威震八連制覇(だいいしんぱーれんせいは)の第二戦で、パートナーの富樫(とがし)の血闘援で勢いを取り戻した飛燕(ひえん)は、独眼鉄(どくがんてつ)を倒して、強敵のセンクウに最終拳で深手を負わして死んでいく。そんな飛燕の死を無駄にしないと誓う富樫だったが、硫硝酸盆の上に浮かぶ不安定な石の上で戦うことになり、拳法の達人であるセンクウを相手に不利な勝負を……!?