icon_reread
また読みたい
フォロー
魁!!男塾(1)
過激なスパルタ教育を施す「男塾」を舞台に、剣桃太郎(つるぎ・ももたろう)を中心とした男気溢れる塾生達の活躍を描いたバイオレンスアクション。行き場を無くした全国の不良少年達を集めて、過激すぎる軍国主義教育を施す男塾。その一号生筆頭である桃太郎は教官に目を付けられて、民家があっても破壊しながら突き進む男塾名物の直進行軍で、直進の先にあるヤクザの組事務所へたった一人で突撃するように命令されて……!?
魁!!男塾(2)
無期停学がとけて男塾へ復帰した二号生筆頭・赤石剛次(あかし・ごうじ)。その復帰式で富樫(とがし)をギロチンで処刑しようとした赤石に、一号生筆頭の剣桃太郎(つるぎ・ももたろう)は戦いを挑んでいく。赤字経営に悩む男塾塾長・江田島平八(えだじま・へいはち)は、桃太郎と明石の生死を賭けた戦いを男塾名物公開「殺シアム」として観客を集めて……!?
魁!!男塾(3)
アメリカから留学生を受け入れた男塾は、日米親善を体裁にトゲだらけのグラブで戦う「撲針愚(ぼくしんぐ)」を開始する。その1番手となった富樫(とがし)は、対戦相手であるボクシングチャンピオン・ブライアンに苦戦するが、足を使った逆転KOカウンターパンチで勝利する。そして、キースに勝利した剣桃太郎(つるぎ・ももたろう)は、赤石(あかし)と引き分けた猛者・J(じぇい)と対決を……!?
魁!!男塾(4)
男塾へ見参した伊達臣人(だて・おみと)率いる関東豪学連を、迎え撃とうとする剣桃太郎(つるぎ・ももたろう)ら一号生達。しかし、突然現れた男塾塾長・江田島平八(えだじま・へいはち)の提案で、彼らは4人ずつ代表を出して「驚邏大四凶殺(きょうらだいよんきょうさつ)」を受けることになる。その代表は、桃太郎、富樫(とがし)、J(じぇい)、そして半年も獄悔房にぶち込まれていた虎丸(とらまる)に決まって……!?
魁!!男塾(5)
驚邏大四凶殺(きょうらだいよんきょうさつ)で、自らを犠牲にして敵を倒し、散っていった富樫(とがし)、J(じぇい)、虎丸(とらまる)。彼らの思いを背負い、必ず勝つと誓った剣桃太郎(つるぎ・ももたろう)は、第4の凶で伊達臣人(だて・おみと)との戦いに挑んでいく。そんな桃太郎を応援しようとする一号生達は、大塾旗をあげて大鐘音のエールを……!?
魁!!男塾(6)
三号生筆頭・大豪院邪鬼(だいごういん・じゃき)に天動宮への出頭を命じられた剣桃太郎(つるぎ・ももたろう)、富樫(とがし)、J(じぇい)、虎丸(とらまる)。しかし彼らは、天動宮に行く途中で控える刺客に襲われる。Jのマッハパンチで蝙翔鬼(へんしょうき)を倒し、虎丸の根性でディーノを負かして、鎮守直廊を突破した桃太郎達だったが、邪鬼に兄を殺された怨みを持つ富樫が、単身で天動宮へ突入していき……!?
魁!!男塾(7)
かつて敵だった伊達臣人(だて・おみと)達を仲間に加えて、大威震八連制覇(だいいしんぱーれんせいは)に挑む剣桃太郎(つるぎ・ももたろう)達。闘死した雷電(らいでん)と友情を交わしたJ(じぇい)は、蝙翔鬼(へんしょうき)を倒して卍丸(まんじまる)と対決するが、死闘の末に伝説のフラッシュ・ピストン・パンチを打ち込んで……!?
魁!!男塾(8)
大威震八連制覇(だいいしんぱーれんせいは)の第二戦で、パートナーの富樫(とがし)の血闘援で勢いを取り戻した飛燕(ひえん)は、独眼鉄(どくがんてつ)を倒して、強敵のセンクウに最終拳で深手を負わして死んでいく。そんな飛燕の死を無駄にしないと誓う富樫だったが、硫硝酸盆の上に浮かぶ不安定な石の上で戦うことになり、拳法の達人であるセンクウを相手に不利な勝負を……!?
魁!!男塾(9)
大威震八連制覇(だいいしんぱーれんせいは)の第三戦、羅刹(らせつ)の縄縛環で身動きが取れなくなった伊達臣人(だて・おみと)は窮地に陥ってしまう。パートナーの虎丸(とらまる)は、火の海を泳いで渡り、伊達を助けるために駆けつける。そこで羅刹からの攻撃を受けて両腕が使えなくなった虎丸だったが、頭突きで石柱を砕いて、伊達を自由に……!?
魁!!男塾(10)
大威震八連制覇(だいいしんぱーれんせいは)の最終闘で、伝説の男・影慶(えいけい)と激闘を繰り広げる剣桃太郎(つるぎ・ももたろう)は、影慶のブーメランを粉砕して優位に立つ。しかし桃太郎は、死奥義の毒手拳を出した影拳の幻惑に、様子がおかしくなってしまう。なんとか幻惑を見切って勝利した桃太郎は、ついに大豪院邪鬼(だいごういん・じゃき)と対決を……!?