あらすじ

最強の男・スパルタカスと闘う大豪院邪鬼(だいごういん・じゃき)は、剣桃太郎(つるぎ・ももたろう)に男塾で代々伝わる総代継承者の証を預けていく。その後、スパルタカスの騎馬戦車攻撃で足の腱を切られた邪鬼だったが、馬を仕留めてスパルタカスを地に下ろす。激しい死闘の末、紫蘭(しらん)の遺体をオトリにしたスパルタカスによって、邪鬼は心臓を剣で貫かれてしまうのだが……!?