また読みたい
フォロー
福ちゃん(1)
▼第1幕/膝枕 ▼第2幕/長いトイレ ▼第3幕/春一番風速30M ▼第4幕/知らぬが放っとけ ▼第5幕/むすびの一番 ▼第6幕/あれよあれよとアルマーニ ▼第7話/福之家で汚職じを… ▼第8幕/菜っ葉苦いかしょっぱいか ▼第9幕/よッ、高砂やッ!! ▼第10幕/マイ・フェア・レディで夕食を ●登場人物/前田福(料亭「福之家」の3代目若女将。よく気が付き、心優しいので永田町界隈の政治家に絶大な人気がある)、角丸(「福之家」の常連客。自由党最大派閥「真政会」の会長) ●あらすじ/先ごろ更迭された通産大臣の後釜を選ぶため、自由党の最大派閥「真政会」の実力者“七奉行”が「福之家」に集まった。彼らは煮詰まると、決まって交互にこっそり福の部屋を訪ね、膝枕をしてもらうのだった(第1話)。 ▼「真政会」ホープ、小川元太郎会長代行が、福の部屋で倒れた。病気ということを知られ、政治生命を絶たれることを恐れた小川は、福に「誰にも言うな」と頼むが、一番知られたくない角丸にばれてしまう(第2話)。 ▼入院した小川は、福に「あと一ケ月の命」と嘘をつく。見舞いに行き、嘘であることを知って怒った福は、新聞記者にそのことを言ってしまい、たちまち“小川重病説”が永田町に広がって… (第3話)。 ●その他の登場キャラクター/角丸(第1、2、3、4、6、7、8、9、10話)、小川元太郎(第1、2、3、6、7、8、9、10話)、倉本武明(第1、2、3、4、6、7、8、9、10話)
福ちゃん(2)
▼第1幕/お先棒担ぎ(前編) ▼第2幕/お先棒担ぎ(後編) ▼第3幕/お墓参り ▼第4幕/慕情 ▼第5幕/亡き母からの贈り物 ▼第6幕/まっかせなさい!! (その一) ▼第7話/まっかせなさい!! (その二) ▼第8幕/まっかせなさい!! (その三) ▼第9幕/まっかせなさい!! (その四) ▼第10幕/孫には勝てぬ!? ●登場人物/前田福(料亭「福之家」の3代目若女将。よく気が付き、心優しいので永田町界隈の政治家に絶大な人気がある)、角丸(「福之家」の常連客。自由党最大派閥「真政会」の会長) ●あらすじ/ベテラン芸者、梅丸姐さんが久しぶりに「福之家」の座敷にあがった。後輩芸者、小丸に迫る不埒な黒田議員をピシャリと叱りつけるなど、その意気はまだまだ衰えていなかったが、梅丸は座敷で倒れてしまう… (第1話)。 ▼もう先が長くはない梅丸の為に、福は彼女が好きだった夏祭りの神輿を復活させることにした。「福之家」の人間をはじめ、「真政会」メンバーが担ぐ神輿の掛け声を聞きながら、梅丸は静かに息を引き取った(第2話)。 ▼母、福代の墓参りに行った福は、そこで中年の男を見かける。父の名を明かさぬまま母に死なれた福は、「この人が自分の父では」と気になって仕方がない(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/角丸(第1、2、3、4、5、6、8、9、10話)、小川元太郎(第1、2、3、4、6、7、8、9、10話)、倉本武明(第1、2、3、4、10、話)
福ちゃん(3)
▼第1幕/証人喚問 ▼第2幕/食い物の恨みは… ▼第3幕/幸ちゃんはね… ▼第4幕/牛ケンは豹変ス!? ▼第5幕/なぜにあなたは福之家へ? ▼第6幕/ドリカム落語 ▼第7話/いいね、二泊三日(前編) ▼第8幕/いいね、二泊三日(後編)▼第9幕/春は新居で!! ▼第10幕/変なガイジン ●登場人物/前田福(料亭「福之家」の3代目女将。よく気が付き、心優しいので永田町界隈の政治家に絶大な人気がある)、角丸(「福之家」の常連客。自由党最大派閥「真政会」の会長の座を退き、現在隠居の身) ●あらすじ/真政会の政治献金惑が発覚。全ての罪を被って議員を辞職した角丸に。証人喚問の要請があった。何を話してしまうか分からない角丸が心配な小川達は、証人喚問の練習を始めるが… (第1話)。 ▼小川と倉本の二人は、角丸引退後の真政会の後継者候補。マスコミが二人の後継者争いを騒ぐ一方、お互いに会長の座を譲り合うほど二人は和気あいあい。しかし、麻雀のパイを捨てた捨てないの言い争いが元で、彼らは分裂してしまう(第2話)。 ▼福之家の新人仲居の幸は、とても内気な少女。ある日、袂を分かった小川派と倉本派が鉢合わせし、両派が争おうと廊下に出ると、そこには客の残した酒を飲んで豹変した幸の姿が… (第3話)。 ●その他の登場キャラクター/角丸(第1、2、3、4、5、6、7、8、9話)、小川元太郎(第1、2、3、5、6話)、倉本武明(第1、2、3話)
福ちゃん(4)
▼第1幕/副大統領、シッソウ!! ▼第2幕/副大統領、本気か、浮気か!? ▼第3幕/副大統領、恋の道行!? ▼第4幕/怪説? 永田町ダービー ▼第5幕/惜別のおにぎり ▼第6幕/平成・福之家の政変 ▼第7話/恋の場所、秋場所 ▼第8幕/モグラの恋の物語 ▼第9幕/岩ちゃんの福取り物語 ▼第10幕/愛と青春の千秋楽 ●登場人物/前田福(料亭「福之家」の3代目若女将。よく気が付き、心優しいので永田町界隈の政治家に絶大な人気がある)、角丸(「福之家」の常連客。自由党最大派閥「真政会」の会長の座を退き、現在隠居の身) ●あらすじ/ある晩、福は道に迷った外人を助け、“サケ茶漬け”をごちそうしてあげた。その外人は、なんとアメリカ副大統領のピート。日米間の貿易不均衡を緩和するために来日した彼は、日本にとって悩める存在だった(第1話)。 ▼再び福の“サケ茶漬け”を食べたくなったピートは、SPをまいて福之家まで走っていった。彼のために風呂を沸かし、着替えを用意し、手製のサケ茶漬けでもてなした福を気にいったピートは「福を嫁にもらいたい」と言い出す(第2話)。 ▼ピートの気持ちを知った福は、彼を文楽に誘う。演目は近松門左衛門の「心中天網島」。道ならぬ恋の悲しい行方を描いた芝居を見たピートは福の気持ちを察し、諦める(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/角丸(第4、5、6、7、8、9、10話)、小川元太郎(第4、5、6、7、8、9、10話)、倉本武明(第4、6、7、8、9、10話)
福ちゃん(5)
▼第1幕/年忘れ、目黒の夢のまた夢 ▼第2幕/年の始めの無礼講 ▼第3幕/永田町で逢いましょう ▼第4幕/川の流れのように ▼第5幕/福之家改革計画!? ▼第6幕/リストラの門に福が来た!? ▼第7話/浅春の客 ▼第8幕/ある夜の出来事 ▼第9幕/桜花爛漫呑み比べ ▼第10幕/永田町今昔物語 ▼第11幕/昨日と明日のおにぎり ●登場人物/前田福(料亭「福之家」の3代目若女将。よく気が付き、心優しいので永田町界隈の政治家に絶大な人気がある)、角丸(「福之家」の常連客。自由党最大派閥「真政会」の会長の座を退き、現在隠居の身) ●あらすじ/福之家で忘年会を開いている小川派(新政党)と倉本派(自由党)が喧嘩を始めた。そこに角丸の前に自由党を牛耳っていた“目黒の大先生”が現れ、「野に花 人に心 君に志のありやなしや」という言葉を贈る(第1話)。 ▼元旦、福之家に自由党や新政党の政治家を始め、近所の老人や商店街の人達が集まった。老人や商店の人達は、税が高すぎて店を子供に譲れないやら墓も買えないやら、政治家に文句を言いはじめ、新年会は無礼講となっていった… (第2話)。 ▼福之家で元帝国議会の議員4人の同期会が行なわれた。その中に、福の祖母、福千代の恋の相手がいるというのだが… (第3話)。 ●その他の登場キャラクター/角丸(第1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11話)、小川元太郎(第1、2、6、7、8、10、11話)、倉本武明(第1、2話)