また読みたい
フォロー
切ない恋、秘めた恋、終わった恋、これから始まる恋。一瞬の恋、一生の恋。恋する時、それが人生の花時(ハナドキ)。人は誰しもすばらしい花時がある。人生1回の人もいれば、毎年の人もいるだろう。様々な人たちの花時をのぞいて、たくさん恋をした気分になろう。
つぼみの恋、咲き初めた恋、爛漫に咲き誇る恋、はらはらと散りかかる恋。散りしいた花びらに昔をしのぶ恋。恋の一生は、花の一生に似ている。様々な人たちの花時をのぞいて、たくさん恋をした気分になろう。
可憐な春の恋、激しい夏の恋、さわやかな秋の恋、しんと静かな冬の恋。四季折々の花が咲くように人生にも四季があり、折々の恋がある。様々な人たちの花時をのぞいて、たくさん恋をした気分になろう。
大都会の片隅に咲いた小さな花、南の島から来た少女・真珠。ライオン先生ひとりを見つめて人生最初の花の時を迎えている。様々な人たちの花時をのぞいて、たくさん恋をした気分になろう。
京都と仙台、870キロ離れて暮らす八重と次郎。「恋は会えない時に育つもんや……」会いたい、淋しい気持ちをこらえてつぶやいた。そんな八重の背中が少し小さい……。
入籍はしたけれど、次郎は仙台から札幌へ……「どんなに離れていても心の距離は変わらないよ」京都を離れるときの次郎の言葉が八重の心にいつも小さな灯りをともす。