薔薇の罠~囚われの乙女と銀の伯爵~
冷徹な瞳で魂まで見透かされカラダも心も彼の腕に囚われていく…「ここは女性が最も快楽を感じる部分だ」亡命貴族の令嬢を装いながら、貴族の屋敷で盗みをはたらくシャルロットは、宝石を盗んで逃げる途中、銀髪の伯爵ゲオルグに出会う。翌日、夜会で再会したふたりだったが、シャルロットはゲオルグに正体を見破られ、黙っている代わりに愛人になるよう強要される。拒否したくても、彼の指が体に触れるだけで、とろけるような快感があふれ翻弄されてしまうシャルロット。強引なゲオルグの時折見せる気遣いに、だんだんと心を開き始める彼女だったが、それに気づいた父親ザクロス伯は歪んだ野心を抱いて…。
また読みたい
フォロー