傲慢貴族の惑溺愛
中流階級の令嬢ダフネは夜会で気品のある美しい伯爵、フレドリックと知り合った。妻を亡くしたという彼はダフネと親しくしつつも再婚するつもりはないらしい。元々身分違いであると恋を諦めていたダフネだが、意に沿わぬ結婚を強いられたその時、助けてくれたのはフレドリックだった。「きみを奪われたくない。誰にも渡したくないんだ」思いがけず情熱的に抱かれ、求婚されて喜びに震えるダフネ。だが彼には未だ前妻の影が!?
また読みたい
フォロー