最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(1)(ガルドコミックス)
英雄だった亡き祖父との誓いを果たすべく“最強の探索者<シーカー>”を志す少年ノエル。しかし彼に発現したジョブは【話術士】――戦闘能力は最弱の支援職だった。「俺一人では最強を掴めない」そう悟ったノエルは、不屈の精神と知略を以て“強者”を従え操ることに活路を見出す。周りに集った探索者<シーカー>を容赦なく手駒にする彼の冷酷なやり方は、見知らぬ者からすれば“悪”そのもの。だが、ノエルは躊躇うことはなかった。ただ己の野望のために。“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー第一幕。
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(2)(ガルドコミックス)
偉大な祖父の遺志を継ぎ“最強の探索者”を目指す少年ノエルは、支援職【話術士】の能力を駆使し“蒼の天外”の司令塔となる。だが、パーティ資金を仲間が横領していたことが発覚。逃亡を図る裏切り者に対しノエルが実行した計画は冷酷なものであった……。その後、ノエルは新たな仲間を捜すため人材募集を開始。中々めぼしい候補を見つけられずにいたが、謎の少女アルマが彼の前に姿を現す。最強の暗殺者を祖父に持つ少女の目的とは!? “話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、波乱の第二幕。
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(3)(ガルドコミックス)
裏切り者と袂を分かったノエルは伝説の暗殺者の孫であるアルマを仲間に加え探索者稼業を再開。最初の依頼は「盗賊団の殲滅」であった。ミンツ村の村長からの依頼に対しノエルの話術スキルで支援を受けたアルマが圧倒的な力で遂行。だが、早々に任務を達成した二人を村で待ち受けていたのは、依頼者の村長の卑劣な罠で……。そして、更なるパーティの強化急ぐノエルは優秀な人材の情報を求めて貧困街へと赴き、コウガと名乗る薄汚れた浮浪者との出会いを果たす。“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、邂逅の第三幕。
また読みたい
フォロー