さいきょうのしえんしょくわじゅつしであるおれはせかいさいきょうくらんをしたがえるがるどこみっくす
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(1)(ガルドコミックス)
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(2)(ガルドコミックス)
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(3)(ガルドコミックス)
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(4)(ガルドコミックス)
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(5)(ガルドコミックス)
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(6)(ガルドコミックス)
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(7)(ガルドコミックス)
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(8)(ガルドコミックス)
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(9)(ガルドコミックス)
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(ガルドコミックス)』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題に応じた書き方のヒントや例文を表示します。初めての方は、練習用ページで気軽に投稿の練習をしてみてください。
タイトル
本文
最凶の支援職【話術士】で...
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(ガルドコミックス)
やもりちゃん
やもりちゃん
じゃき
じゃき
あらすじ
英雄だった亡き祖父との誓いを果たすべく“最強の探索者<シーカー>”を志す少年ノエル。しかし彼に発現したジョブは【話術士】――戦闘能力は最弱の支援職だった。「俺一人では最強を掴めない」そう悟ったノエルは、不屈の精神と知略を以て“強者”を従え操ることに活路を見出す。周りに集った探索者<シーカー>を容赦なく手駒にする彼の冷酷なやり方は、見知らぬ者からすれば“悪”そのもの。だが、ノエルは躊躇うことはなかった。ただ己の野望のために。“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー第一幕。

Web掲載情報

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(ガルドコミックス)
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(ガルドコミックス)の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(1)(ガルドコミックス)
英雄だった亡き祖父との誓いを果たすべく“最強の探索者<シーカー>”を志す少年ノエル。しかし彼に発現したジョブは【話術士】――戦闘能力は最弱の支援職だった。「俺一人では最強を掴めない」そう悟ったノエルは、不屈の精神と知略を以て“強者”を従え操ることに活路を見出す。周りに集った探索者<シーカー>を容赦なく手駒にする彼の冷酷なやり方は、見知らぬ者からすれば“悪”そのもの。だが、ノエルは躊躇うことはなかった。ただ己の野望のために。“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー第一幕。
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(2)(ガルドコミックス)
偉大な祖父の遺志を継ぎ“最強の探索者”を目指す少年ノエルは、支援職【話術士】の能力を駆使し“蒼の天外”の司令塔となる。だが、パーティ資金を仲間が横領していたことが発覚。逃亡を図る裏切り者に対しノエルが実行した計画は冷酷なものであった……。その後、ノエルは新たな仲間を捜すため人材募集を開始。中々めぼしい候補を見つけられずにいたが、謎の少女アルマが彼の前に姿を現す。最強の暗殺者を祖父に持つ少女の目的とは!? “話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、波乱の第二幕。
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(3)(ガルドコミックス)
裏切り者と袂を分かったノエルは伝説の暗殺者の孫であるアルマを仲間に加え探索者稼業を再開。最初の依頼は「盗賊団の殲滅」であった。ミンツ村の村長からの依頼に対しノエルの話術スキルで支援を受けたアルマが圧倒的な力で遂行。だが、早々に任務を達成した二人を村で待ち受けていたのは、依頼者の村長の卑劣な罠で……。そして、更なるパーティの強化急ぐノエルは優秀な人材の情報を求めて貧困街へと赴き、コウガと名乗る薄汚れた浮浪者との出会いを果たす。“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、邂逅の第三幕。
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(4)(ガルドコミックス)
極東の剣士コウガと出会ったノエルは、彼の気高き強さに惹かれていた。一方のコウガも、ノエルの生き様に触れ、暴力団組織の奴隷の身でありながら、徐々に傾倒しつつあった。だが、ノエルを目の敵にする暴力団組長アルバートの策略により二人は“敵”として対峙。死闘を繰り広げる二人のもとにアルマも駆けつけ、混沌と化す戦闘は決着はつかずに終結する――。やがてアルバートの過去に隠された陰謀を暴いたノエルは、再びコウガとの決闘に臨むのだった。そして、その場に現れた“あの男”の思惑とは…? “話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、激闘の第四幕。
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(5)(ガルドコミックス)
フィノッキオが見届け人を務めるノエルと暴力団による決闘が遂に始まる。戦闘能力に欠けるアルバートは代理決闘者にコウガを選出。ノエルとコウガは再び死闘へと身を委ねていく。三回にわたる激闘を乗り越え遂に認め合った二人。最弱職ながら覇道を往かんとするノエルの生き様を目の当たりにしたコウガが下す決断は――。続いて、ノエルはクラン設立に向け行動を開始。悪魔掃討任務も再開し、“最強”へと至る歩みを更に加速させようとするが…? “話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、決着の第五幕。
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(6)(ガルドコミックス)
コウガを仲間に加えたノエルは、クラン創設のため探索者協会を訪れる。しかし、面接官ハロルドが下したのは“却下”の判断であった。世界を滅ぼす大魔王“冥獄十王”の降臨を恐れる協会が求めたのは、真に優秀なクランのみ。ノエルは協会を認めさせるため、次なる計画を実行する。それは、Bランクで最強の“天翼騎士団”と勝負し“蒼の天外”の強さを証明すること。ノエルは天翼騎士団より先に凶悪な悪魔“魔眼の狒狒王”を討伐するべく悪計を張り巡らせていき――。“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、策謀の第六幕。
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(7)(ガルドコミックス)
クラン創設を賭けて、悪魔の討伐を競う試験が始まる。勝者にクラン創設の権利が与えられ、敗者はパーティ解散という条件にも拘わらず、“蒼の天外”は戦う素振りすら見せず…。一方、“天翼騎士団”は討伐対象の“魔眼の狒狒王”と会敵。苛烈な攻防を繰り広げるも、敵の「心を読む」能力に徐々に劣勢に追い込まれてしまう。悪化する戦況に焦った天翼騎士団に、遂にノエルが仕掛けていた悪計が発動。そして、時が満ちるのを待っていた蒼の天外が戦場に乱入し――。“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、激動の第七幕。
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(8)(ガルドコミックス)
ハロルドの立ち合いの下、クラン創設を賭けた試験で“蒼の天外”は合格条件である悪魔の討伐に成功。念願のクラン創設の権利を掴む。一方、レオン率いる“天翼騎士団”はノエルの策略によってその歪みを露呈。試験の条件に従うまでもなくパーティ解散を余儀なくされていた。強者を貪欲に求めるノエルは、自分の手で絶望に突き落としたレオンを仲間へと勧誘する。覚悟と信念を説く姿に惹かれ、共に歩む決意をしたレオンに対し、かつての盟友カイムが紡ぐ言葉とは――。“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、決断の第八幕。
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える(9)(ガルドコミックス)
祖父である“不滅の悪鬼”の遺志を継ぎ2年。新たにレオンを仲間に迎えたノエルはクラン“嵐翼の蛇”を創設し、躍進を続けていた。凶悪な悪魔“幽狼犬”とも激戦の末に勝利を収めて、順調に実績を積みつつあったが、それでもノエルの目指す探索者の頂点“七星”の壁はあまりにも高く―― 僅か半年で至るのは無謀な挑戦であった。しかし、ノエルは傀儡師ヒューゴの冤罪事件を利用し、野望実現のため更なる計画を実行。帝国最強の探索者ジークにある「取引」を持ち掛ける――。“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、挑戦の第九幕。
とんでもスキルで異世界放浪メシ

とんでもスキルで異世界放浪メシ

『勇者召喚』に巻き込まれ、異世界に転移してしまったサラリーマン・向田剛志。異世界の王様の話に胡散臭さを感じた向田は、早々に国外脱出を決意し一人旅に出ることに。旅で頼れるのは、召喚時に唯一得られたスキル【ネットスーパー】。それは、異世界にいながら現代日本のスーパーの商品を取り寄せられるという便利スキルだった! しかし、隣国への旅の途中、護衛に振舞った「猪肉の生姜焼き」の良い匂いが、とんでもないヤツを引き寄せてしまい――!? “とんでもスキル”を駆使し魔物の肉を美味しく調理する男と、食いしん坊なフェンリルの旅が、ここに始まる! 原作者・江口連書き下ろし短編小説も収録!!
最果てのパラディン(ガルドコミックス)

最果てのパラディン(ガルドコミックス)

これは罰なのか。それとも――― “生”に挫折し、生きることを手放した男に与えられたものは、新たな人生と不思議で歪な家族だった。磊落な骸骨の剣士・ブラッド、ミイラの淑やかな神官・マリー、偏屈な魔法使いの幽霊・ガス。三人の不死人の庇護のもと、かつて滅びた死者の街で暮らす少年・ウィリアム。彼は前世を悔い、再び生まれ落ちたこの新たな世界で“生き直す”ことを決意するのだった。「小説家になろう」発、王道ハイファンタジー開幕!
ありふれた職業で世界最強

ありふれた職業で世界最強

『趣味の合間に人生』を座右の銘としている南雲ハジメは、突然クラスメイトと共に異世界に召喚されてしまう。異世界の住人達とは比べ物にならない能力をクラスメイトの皆が発現させる中、ハジメが発現させたのは、ごくありふれた能力である“錬成師”だった。奈落に突き落とされた彼は、その“ありふれた能力”を活用し、迷宮からの脱出を目指すが……。WEB上で絶大な人気を誇る“最強”異世界ファンタジー、開幕!!
騎士譚は城壁の中に花ひらく

騎士譚は城壁の中に花ひらく

誰にも負けない、うんと強い騎士になる―― 騎士を目指す貴族の子弟ロサ=スカーラエは、名門と名高い 『錠の城』へとやってきた。立派な騎士となり、故郷の「梯子の城」に戻るため。だが、クラウストラ城でロサに与えられる仕事は給仕や馬の世話など下働きばかり。騎士達が行う剣の訓練に憧れが募る日々だったが、下働きにこそ、騎士が身に着けるべき知識や教養、礼儀作法が詰まっていることに気付く。騎士叙勲への道は、イメージとは裏腹に華やかなことばかりではない―― 地道に、真摯に、少しずつ『錠の城』で様々な出会いや経験を積み重ね叙勲を目指す騎士見習いの成長譚、開幕。
現実主義勇者の王国再建記

現実主義勇者の王国再建記

異世界に突如として勇者召喚された相馬一也。だが、彼の“勇者”としての冒険は―― 始まらなかった。国王から国家の抱える危機と課題を聞き出した彼は、持ち前の現代の知識を活かし富国強兵策を提案。すると…… 「召喚されし勇者ソーマ・カズヤに王位を譲る!」なんと、あろうことか国王より譲位されてしまう。さらに王女をソーマの婚約者にすると発表され――!? 若き国王ソーマと腹心の仲間とが共に国家の再興を目指す異世界本格内政ファンタジー開幕! 巻末にソーマとリーシアの前日譚を書き下ろし収録!!
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中(ガルドコミックス)

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中(ガルドコミックス)

目覚めるとMMORPGのキャラの姿で異世界に放り出された男―― その姿は、見た目が鎧、中身が全身骨格という“骸骨騎士”であった。正体がバレると、モンスターとして討伐対象となりかねない。目立たず過ごすことを決意したが、目の前の悪事は捨て置けず、ゲームで鍛えたスキルと能力で快刀乱麻の大活躍をしてしまう! 「我は流浪の旅人。名を…アークと申す」骸骨騎士アークによる無自覚“世直し”異世界ファンタジー開幕!! 巻末に原作者書き下ろし小説収録。
Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ

Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ

栄えある勇者候補として異世界に召喚された青年バナザは、能力値の低さから勇者失格の烙印を押され国外追放処分となる。なんとか生き延びるべくモンスターを倒すと、レベルが2に上がり彼のステータスが見慣れない「∞」の記号に変わっていた……。突然のステータス変化に戸惑いながらもマイペースに生きていくことを決意するが、魔族の娘フェンリースと運命的な出会いを果たし――!? WEBで絶大な人気を誇るチートな異世界スローライフ、第一幕。巻末に原作者書き下ろし小説収録。
望まぬ不死の冒険者(ガルドコミックス)

望まぬ不死の冒険者(ガルドコミックス)

最高位の神銀級冒険者を目指して十年。いまだ銅級冒険者のレントは、いつものように単独で《水月の迷宮》に潜り、鍛錬と日銭稼ぎをするつもり―― だった。だが、初心者向けの迷宮にいるはずもない《龍》と遭遇。圧倒的な力の前に為す術なく喰われてしまう。そして、死んだはずのレントは“目覚めた”―― 『骨人(スケルトン)』の姿で。途方にくれたレントだったが魔物の持つ『存在進化』を用い人間を目指すことを決意。迷宮でひとり魔物へと挑み始める! WEBで圧倒的な人気を誇る、不死者レントの冒険が堂々開幕!
ひとりぼっちの異世界攻略

ひとりぼっちの異世界攻略

“ひとりぼっち”の高校生・遥はクラスメイトとともに異世界へ召喚される。しかもスキル獲得は早い者勝ちで、すでに取り尽くされていた。そして……「おぬしにすべてをくれてやるのじゃぁぁぁ!!」暴走した神により、売れ残りのバッドスキルを全て押し付けられることに!? 異世界HARDモードの“ぼっち”が紡ぐ異世界冒険譚、第一幕!
吾輩は猫である、職業はバリスタ。

吾輩は猫である、職業はバリスタ。

都会の喧騒の中で毎日ヘトヘトになっている人々。そんな人だけがたどり着ける店がある。“喫茶八割(きっさはちわれ)”――そこは猫がバリスタをつとめる摩訶不思議な喫茶店だった。提供されるのは。それぞれのお客様のためだけにバリスタが生み出す特製メニューと特別なひととき――。猫のバリスタが紡ぐ、心温まる猫カフェドラマ。