絢爛たるグランドセーヌ(1)
優れた観察眼と実行力を備えた少女・奏。絢爛たるバレエの世界に魅了された少女は、踊ることの楽しさに目覚め、やがては世界のグランドセーヌ<大舞台>へと駆けあがっていく。実力派の大人気作家が描く本格クラシックバレエロマン!!
絢爛たるグランドセーヌ(2)
ソロ初舞台の感激にひたる奏のもとに、見知らぬ少女が訪ねてきた。挑発的な言動を繰り返すその少女は、ジュニア部門のバレエ・コンクール上位常連の栗栖さくらであった。夢に向かう少女達の友情と戦いを描く本格クラシックバレエ・ロマン!!
絢爛たるグランドセーヌ(3)
全国バレエ・コンクール予選にて、「コッペリア」第一幕、スワニルダのヴァリエーションを踊った有谷奏。役の性格を捉えきれずに、満足な踊りができなかった彼女は落ち込むのだが…。
絢爛たるグランドセーヌ 4巻
全国バレエ・コンクールから1年が経ち、奏も小学6年生になった。海外のコンクールで活躍し、バレエ留学を手に入れたさくら。一方、中学生になった翔子は将来のバレエ留学に備えて、英会話レッスンを始めた。周囲の友達の変化に戸惑う奏は内心の焦りを紛らわすためにバレエの練習に打ち込むのだが…。
絢爛たるグランドセーヌ(5)
足を捻挫してしまった奏は、幼馴染みの梨沙にバレエの歴史を学ぶ。一方、「眠り」の公演に出演する翔子と絵馬。舞台を前に緊張する絵馬の手を翔子は、そっと握って励ます。
絢爛たるグランドセーヌ(6)
バレエの発表会で『シルビア』のピチカートを翔子とともに無事に踊り終えた奏は、憧れの元英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル、アビゲイル・ニコルズ先生から、バレエ留学を勧められるのだが…。
絢爛たるグランドセーヌ(7)
バレエ留学を志望する奏。今度のYAGPコンクールに勝ち残るために、回転や跳躍、派手なパで観客の心をつかもうと考えるのだが…。
絢爛たるグランドセーヌ(8)
ユース・アメリカ・グランプリ日本予選がついに始まった。プロのバレエダンサーを目指し、全国から関西に集結した少年少女達。奏や翔子、絵麻、ミリアムも参加。この5日間でダンサーとしてのチャンスを誰が掴みとるのか!?
絢爛たるグランドセーヌ(9)
YAGP(ユース・アメリカ・グランプリ)日本予選の決選で踊る奏、翔子、絵麻。日々の厳しいバレエレッスンの成果を彼女達は発揮できるのか…!?
絢爛たるグランドセーヌ(10)
仏・マルセイユにバレエ留学のために降り立った奏は、ベネズエラからきた褐色の肌の少女、アンドレア・メンドーサに出会う。しかし、彼女は空港のTVニュースを見て泣いていた…。踊りと友情と努力を描く少女達の拍手喝采物語。
また読みたい
フォロー