icon_reread
また読みたい
フォロー
私は利休(1)
平凡な日常に不満を抱きながら過ごすOL雪吹なつめは、どこにでもいる普通の女子。ある日、偶然出逢ったイケメン茶人・山上宗刻に導かれて茶道教室を覗くことに。冴えない同僚田中芳郎(黒ピー)を誘った彼女。そこに待っていた驚きの“世界”とは…!!?
私は利休(2)
“お点前”はまるでシロウトながら、審美眼と茶の湯センスは抜群の黒ピーこと田中芳郎。宗匠の宗刻は、彼の言動から千利休の生まれ変わりではないかと疑うが…!?そんな時、茶道具の名品を買い漁る、ネットバブルの風雲児・織田三郎が、宗刻の前に現れる。2人の出逢いは現代の茶の湯に革命を起こすのか!?
私は利休(3)
茶道界の巨大組織、北阡家の圧力により窮地に立たされる黒ピーと宗刻。そんな黒ピーの意識を襲う生々しいヴィジョンは千利休覚醒の予兆なのか!?そして、茶の湯の革新を公言する織田が、次に仕掛けるのは黒ピーが亭主の茶会プロデュース!誰も見たことのない新次元の茶室が誕生する!!
私は利休(4)
【ページ数が多いビッグボリューム版!】多くの来場者に絶賛された黒ピーの茶会。だが、当代一の茶人の下した評価は…!?一方、ついに織田三郎は、内なる“魔王”を覚醒させて壮大なプロジェクトを発表した!!戦国の世から現世に蘇った、転生・千利休が現代の粋を極めた茶室を完成させる!物語は感動のクライマックスへ!