あらすじ

「おんなじ学校出て、同じ31で……何やってんでしょーなァ、あたし」――ボンクラ亭主に離婚を吹っかけ、遅まきながら“自分探し”に迷走中の永井小巻は、下町育ちの5歳児子持ち。気丈に振る舞うコマキだが、起業に成功したかつての悪友・オーマキちゃんを前に劣等感がわきだして……!?もう31歳、まだ31歳。青春は、諦めなくてもそこにある――。泣けるほどやさしくて、苦しいほどせつなくて。珠玉の下町人情コメディ、第2巻。