また読みたい
フォロー
夏の甲子園大会、決勝戦。西東京代表の国分寺南高校は9回裏に逆転サヨナラ負けを喫したものの、春のセンバツ優勝に続き、夏も準優勝という成績を収めた。その原動力になったのが、海部一樹と武藤洋介という超高校級のバッテリーだ。ドラフトを前にし、2人のもとに名門・東京イーグルスのスカウトがやって来て…。甲子園をわかせた黄金バッテリーがプロに入団。プロ野球界にフレッシュな旋風を巻き起こす!!
海部、武藤が共に日本代表として派遣されているシカゴ五輪。プロ入り以来無失点を続ける海部は、もちろんこのオリンピックでも無失点を狙う。日本の予選リーグ初戦の相手は、強豪キューバ。0対0で迎えた4回裏、キューバの攻撃。武藤は主砲ロドリゲスに対する海部の球に、本来の威力がないように感じた。マウンドに向かい、問いただす武藤に海部は…。
シカゴ五輪野球決勝の試合は日本対アメリカ。海部に対する打者、ブレッド・ウォーカーJr.は、かつて偉大なメジャーリーガーだった父のプレッシャーに押し潰されて、手首を切ったことがあった。それ以来、内角膝元の球をさばく時だけ、左手の筋がつる状態になっていた。心の傷がいまだ癒えないブレッドに、海部は敢えてインコースで攻め続ける。海部の剛球を前にして、ブレッドの心は激しく揺れ…。
マジック1のイーグルスと、3連勝でプレーオフ進出を狙うメッツの、注目の最終3連戦が始まった。第1戦で、海部は梅宮とのクロスプレーで肩を痛めてしまう。もうひとつも落とせないメッツに、エースの故障という大ピンチが。だが、翌日の第2戦。海部はチームドクターの制止を振り切って…。海部と武藤の、そして野球に全てを賭ける男たちの、意地と執念がぶつかり合う死闘の結末は!?