icon_reread
また読みたい
フォロー
この愛を終わらせてくれないか(1)
目立たない高校生活を送る八河柚には秘密がある。それは女優として活躍する同級生・速水瞬の熱狂的なファンであること。瞬を自身の神様と崇める柚は、同じクラスにいられるだけで幸せだった。それだけでよかったはずなのに‥‥。「あの子のそばにいたい」それだけの気持ちが、どうしてだろう、満たされるほどに渇いていく。少女が抱えるこの気持ちは恋? それとも‥‥。歪で純粋なラブストーリーの幕が今、上がる。
この愛を終わらせてくれないか(2)
世界で一番嫌いな同級生・世木幸子と入れ替わることで、クラスのマドンナ・速水瞬の隣にいられる権利を手に入れた八河柚。憧れの存在に触れられる「特等席」に幸せを感じる日々だったが、ある日、瞬が幸子へ寄せる特別な想いを知ってしまい、激しく動揺する。大っ嫌いな世木幸子を演じ「恋人」として生きていくのか、今まで通りの距離感を保ち「ファン」として生きていくのか。果たして柚の答えとは‥‥。入れ替わりから始まる痛々しいほど純粋で、毒々しいほど美しいラブストーリー第2巻。
この愛を終わらせてくれないか(3)
世木幸子と中身が入れ替わって八河柚の人生は一変した。「幸子」として、憧れの速水瞬の親友になることができたから。瞬が喜んでくれるなら「八河柚」だったクソみたいな人生なんか捨てて、「世木幸子」として生きていく。瞬の言うことを聞いていれば幸せになれる。そう信じていた。瞬と幸子を乗せた大阪行きの、夜行バスが発車するまでは。
この愛を終わらせてくれないか(4)
世木幸子と身体が入れ替わった八河柚。妙な友情を築き始める2人をよそに、幸子に執着する瞬は心のバランスを崩し始めた。瞬が好きなのは「幸子」の身体? それとも「幸子」の中身だったのだろうか? バラバラな3人のまま月日は容赦なく進み、「今まで」と変わらない学校生活をこなしていく。衝撃的な入れ替わりラブストーリー、堂々の最終巻。