あらすじ

世木幸子と中身が入れ替わって八河柚の人生は一変した。「幸子」として、憧れの速水瞬の親友になることができたから。瞬が喜んでくれるなら「八河柚」だったクソみたいな人生なんか捨てて、「世木幸子」として生きていく。瞬の言うことを聞いていれば幸せになれる。そう信じていた。瞬と幸子を乗せた大阪行きの、夜行バスが発車するまでは。