あらすじ

【公家の侍にして、京に秘められた武技を使い名刀を守る《刀守り》の時代活劇、第七弾!】貧乏公家の日野西に仕える公家侍の天野守武は、日野西家に代々伝わる宝刀『粟田口久国』を守る《刀守り》の役目も仰せつかっていた――。ある日、父の命日に墓参りに出かけた守武は、そこで父の友人・神尾と再会する。対面の祝いにと神尾の家に誘われるも、彼の内職先である織屋の織子達が相談にきていた。なんでも高級織物“ねねの小袖”を仕立てた暁には特別手当を出す約束をしていた店側が、完成後に支払を拒否してきたと聞かされ…。そのほか、御用車に隠された悪事を暴く「からくり御用札」、珍しい鳥をめぐる善悪物語「無垢なるものは…」、男達を誑かす美人親子の罠「化かし女狐」、悲劇が生んだ親子の別れ話「隅田川無情」、《もの守り》の真髄に触れる「名筆よ、永遠に眠れ」を収録。